概要に戻る

規格と指令

EC機械指令

お使いの製品は機械指令2006/42/ECの適用範囲内ですか。製品は欧州単一市場を対象としていますか。もしそうであれば機械指令の要求事項を遵守する必要があります。

機器にCEマーキングを貼付できるのは機械指令の要求事項に全面的に適合する場合だけです。欧州経済領域内で機器を販売、稼働させるにはこのマークが必要です。

機械指令の目的は機器使用時の事故発生件数を減らすことです。このためこの指令は機器の設計と製造に安全面を含めることを要求しています。

メーカーは機械指令で要求されている技術文書を作成することも必要です。この技術文書で機器が機械指令の要求事項に適合しているかどうかを評価できることが必要です。

機器のメーカーまたはメーカーの正式な代表者には、技術文書を作成すること、およびすべての要求事項を遵守することへの責任があります。

機械指令の主な内容は次の通りです。

  • 機械指令の適用範囲
  • 他の欧州指令との相違点
  • 完成機器と未完成機器の定義
  • 完成機器および未完成機器への要求事項
  • 機器の導入と始動に対する要求事項と手段
  • 整合規格の意味
  • 機器の適合性評価手順
  • 未完成機器での手順
  • CEマーキング
  • 機器の設計・製造に対する健康と安全に関する必須要求事項
  • 機器のリスク評価手順
  • 必要な技術文書
上に戻る

機器の安全に関するEN規格

機器の安全規格  

機器の安全規格

機械指令には健康と安全に関する必須要求事項が含まれています。
機械指令の整合規格は該当するEU官報(European Union Gazette)に掲載されています。

整合規格に準じて製作された機器は健康と安全に関する必須要求事項を満たしています。

EN規格は次のタイプに分類されます。

  • タイプA - 基本安全規格
  • タイプB - グループ安全規格
  • タイプC - 製品安全規格

 

EN規格の区分

タイプA

すべての機器、装置、システムに適用する基本概念、設計原則、一般的な側面(例:設計および方法論)に関する基本安全規格。

タイプB

幅広い機器、装置、システムに使用できる1つの安全面または1種類の安全関連装置に関するグループ安全規格

  • タイプB1 – 安全距離や表面温度の警報設定など特定の安全面
  • タイプB2 – 緊急停止や両手操作式制御装置などの安全関連装置

タイプC

特定の機器や機器群のあらゆる重大な危険について詳細な安全要求事項を規定する機器の安全規格。タイプC規格は製品規格とも呼びます。

上に戻る

機能安全の整合規格

PLとSILの比較  

PLとSILの比較

EN 62061およびEN ISO 13849-1はEN 61508に由来しており、特にマシンエンジニアリング部門を対象にしています。どちらの規格も、機器の制御システムの安全関連部品に関する要求事項を明確に規定しています。

どちらの規格も機械指令との整合性が取れており、最先端テクノロジに対応しています。旧規格のEN 954とは違い、この2つの規格は複雑でPC設定可能なシステムにも適用できます。またEN 61508に由来するあらゆる機能安全の側面も含んでいます。このため決定論的な側面だけが役割を果たすことはなくなりました。さらに、システムエラーの統計的確率や組織的な対策、故障回避の手段、エラー検出の手段も重要になっています。

この2つの規格の安全性は安全度水準で測定します。

EN 62061はSIL 1~SIL 3を、EN 13849はPL a~PL eを個別安全度水準として使用しています。

上に戻る

EN 62061とEN ISO 13849-1の範囲

アプリケーション分野は似ているのに規格が2つあります。次の表で詳細をご確認ください。

EN 62061EN ISO 13849-1
簡単なメカニカルシステム、リレーや簡単な電子機器など。簡単なメカニカルシステム、リレーや簡単な電子機器など。
複雑な電子システムおよびPC設定可能システム、すべてのアーキテクチャに対応。複雑な電子システムおよびPC設定可能システム、予定されているアーキテクチャに対応。
この要求事項は明確に電気制御システムを対象としています。とはいえ、定義された枠組みと方法論は他の形式のテクノロジにも適用できます。電気エンジニアリング以外のテクノロジ、たとえば水力や空気圧に直接適用できます。
上に戻る

安全標準EN ISO 13849-1

パフォーマンスレベルの決定  

パフォーマンスレベルの決定

EN ISO 13849-1は制御システムの安全関連部品の設計を規定しています。安全関連機能の信頼性に関する重要なパラメータはパフォーマンスレベル(PL)です。

必要なPLを決めるには、損害の程度、回数、期間、および危険を回避できる可能性といったさまざまな基準を評価する必要があります。

次の図の3つの基準で必要なパフォーマンスレベル(PLr)を決定できます。

 

制御システムアーキテクチャの設計と決定

ある制御システムの安全関連部品(SRP/CS)のパフォーマンスレベルは、次のパラメータを評価して決定します。

  • カテゴリ – 規格の定義構造として指定
  • 危険側故障発生までの平均時間(MTTFd)– 部品メーカーが指定
  • 診断範囲(DC)– 規格に記載
  • 共通因子による故障(CCF)– さまざまな基準に応じてポイントシステムとして決定される
  • 達成パフォーマンスレベル(PL)– 表で決定し、必須PLr以上であることが必要
パフォーマンスレベルの決定
上に戻る

EN ISO 13849-1の情報

EN ISO 13849-1では、制御システムの安全関連部品のハードウェア構造だけではなくソフトウェア設計も規定しています。

この標準にはセーフティ機能全体のライフサイクル要件が記載されており、設定可能なセーフティモジュールを実装する方法を推奨しています。

概要 言語 更新
EN ISO 13849-1の情報 [PDF, 0.25 MB]
ここでは、EN ISO 13849-1の正しい実装方法に関する詳細がわかります。
ドイツ語 2010/11/01
上に戻る

安全水準DIN EN 62061

安全度水準の決定  

安全度水準の決定

DIN EN 62061は安全関連電気システム、電子システム、プログラマブル制御システムの機能安全面を規定しています。

安全関連機能の信頼性に関する重要なパラメータは安全度水準(SIL)です。

さまざまな基準を評価して必要なSILを決定します。

  • 傷害の程度(S)
  • 危険にさらされる回数と時間(F)
  • 危険事象の発生確率(W)
  • 障害の回避または制限確率(P)

 

制御システムアーキテクチャの設計と達成パフォーマンスレベルの決定

サブシステムの安全関連パラメータは次の値をベースにしています。

  • ハードウェア障害許容度(HFT)、アプリケーション固有
  • 安全側事故比率(SFF)、メーカーの情報
  • 診断範囲(DC)、メーカーの情報またはEN ISO 13849-1
  • 1時間あたりの危険側故障確率(PFHd)、他の値がベース
  • 耐久試験の間隔または使用期間、メーカーの情報/メーカー固有
  • 診断試験の間隔、アプリケーション固有
  • 共通因子による故障の起こりやすさ、メーカーの情報またはEN ISO 13849-1
安全度水準の決定
上に戻る

安全性機能のアーキテクチャ(SRP/CS、SRECS)

  • SRP/CS(制御システムの安全関連部品)
  • SRECS(安全関連電気制御システム)
安全性機能のアーキテクチャ
上に戻る

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階