概要に戻る

予測メンテナンス

予測メンテナンス

幅広いデータロギングで高い可用性

予測メンテナンスシステムは、システムの状態を継続的に監視し、技術的な変化を早期に検出し、製造エリアにおいてシステムの必要なメンテナンスを予測することが目的です。

定期的なメンテナンスと比較して、システムの予測メンテナンスはシステム停止に伴う高コストのダウンタイムを短縮します。信頼性のあるデータソースはこれらの予測モデルの基盤となります。

PLCnextテクノロジに基づいた制御は運用プロセスからのあらゆる必要なデータを収集しコンパイルします。次に、この情報は任意で伝達可能となり、つまり例えば、データベースに保管したり、分析システムにより解読したり、またはフエニックス・コンタクトのProficloudでさらなるプロセスを行ったりすることができます。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

サービス

PLCnext: オープンで高い将来性

PLCnext テクノロジでIoT時代の課題を解決