高性能梱包機向け産業用Bluetooth

Bluetoothワイヤレスシステムでコントローラと機器の回転部をワイヤレスで通信

Octopus梱包機  

動作中の機器部品と堅牢な通信(ソース:Oy M. Haloila Ab)

Oy M. Haloila Abはパレット梱包機の世界的トップメーカーでSignode Industrial Groupの一員です。フィンランドの企業で最も有名なブランドはOctopus梱包機です。

このモジュールパレット梱包機は、生産量、輸送中の保護、安定性の面でお客様の要求に柔軟に対応するために回転リング構造を取り入れた世界初の梱包機です。

フエニックス・コンタクトのBluetoothワイヤレスシステムはセントラルコントローラと機器の回転部で信頼性があり摩耗フリーの通信を行うソリューションです。

アプリケーション

パレットはコンベアテクノロジで梱包機に運ばれます。梱包リングがパレットの周辺を回りフィルムで梱包します。次にフィルムが加熱シールされパレットが降ろされます。

パレット梱包機を制御するために機器の中央制御盤のコントローラと機器回転部のアクチュエータの間でデータを交換する必要があります。通信はPROFINETまたはEtherNet/IP™経由で行います。従来のコレクタ線による伝送方式はEthernetの限界に達しています。

ソリューション

フエニックス・コンタクトのBluetooth EPAモジュール  

産業用Bluetoothと確実に通信:フエニックス・コンタクトのFL BT EPA

コレクタ線の代わりにフエニックス・コンタクトの産業用Bluetooth通信ソリューションでセントラルコントローラと動作中の機器部品の間の信頼性があり摩耗フリーの通信を確保します。

Bluetooth EPAモジュールは特に制御データの通信を行うために開発されました。堅牢なモジュールはIP65で過酷な産業環境での使用に適しています。このシステムにはアンテナが特別に組み込まれており、PROFINETやEtherNet/IP™などのオートメーションプロトコルを簡単に確実にワイヤレス伝送します。

このときワイヤレステクノロジにはBluetoothが選ばれますが、これは周波数ホッピング方式とWLANチャネルブラックリストが2.4 GHz周波数帯で既存のWLANネットワークを用いてエラーフリーの並列運用を保証するからです。

まとめ

「フエニックス・コンタクトの産業用Bluetoothソリューションで機器の信頼性が高まり必要なメンテナンスが大幅に減りました」とHaloilaのテクニカルマネージャJanne Koskelaは言っています。

「従来Octopusの配置では制御システムのアクチュエータと動作部のアクチュエータの間のデータ伝送が大きく制限されていました。ワイヤレスソリューションでオプションが増え、信頼性が向上しています。われわれは製品もフエニックス・コンタクトの強力とサポートも非常に気に入っています」とKoskelaは述べています。

またFL BT EPAは簡単に起動させることができます。Janne Koskelaによれば、先進的な摩耗フリーのソリューションを用いた経験から現在FL BT EPAをOctopusシリーズのすべての梱包機に組み込んでいるとのことです。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階