概要に戻る

電子式機器用ミニチュアサーキットブレーカ

電子式機器用ミニチュアサーキットブレーカは短絡電流または過負荷電流を公称電流の1.25倍までアクティブに制限します。大電流と過負荷から電源ユニットを保護し、出力電圧がスイッチモードの電源ユニットを停止させないようにします。

このためDC電圧源の接続負荷を事実上完全にプランニングできます。電源ユニットと負荷の間のケーブル経路を長くして遮断動作に悪影響を与えないようにすることもできます。

設計

電子式機器用ミニチュアサーキットブレーカ  

電子式機器用ミニチュアサーキットブレーカ

主な仕様項目:

  1. オン/オフスイッチ(リセット)
  2. 状態表示
    緑 = 接続中
    黄 = 電流制限
    赤 = スイッチオフ
  3. 電流センサを接続したプリント基板
上に戻る

機能

組込みのセンサで連続的に電流を測定し、過負荷電流や短絡が発生すると100~800ミリ秒でスイッチを切断します。

熱式および熱磁気式機器用ミニチュアサーキットブレーカとは異なり、この保護デバイスはトランジスタ経由で電子的に切り換わります。メカニカルスイッチコンタクトで回路が電気的に中断されることがありません。

上に戻る

回路図

電子式機器用ミニチュアサーキットブレーカの回路図

電子式機器用ミニチュアサーキットブレーカの回路図

主な仕様項目:

1. パワー入力(ライン+)
2. パワー出力(負荷+)
a. リセット入力
b. GND(接地)
c. 状態出力

上に戻る

トリップ特性

電子式機器用ミニチュアサーキットブレーカのトリップ特性  

電子式機器用ミニチュアサーキットブレーカのトリップ特性

ケーブル抵抗が高い場合でも電子式機器用ミニチュアサーキットブレーカは短絡後に数ミリ秒でトリップします。過負荷時の電流は公称電流の最大1.25倍です。

主な仕様項目:

t = 切換え時間(秒)
xl = 公称電流の倍数/トリップ係数
1 = 公称電流の1.05倍以上でトリップ
2 = 最大800 msの遮断時間(公称電流により異なる)
3 = 最大80 msの遮断時間(公称電流により異なる)
4 = 公称電流の1.45倍までトリップ
5 = 公称電流の1.25倍で電流制限

上に戻る

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階