概要に戻る

ハイブリッドテクノロジによる省スペース化

コンパクトなハウジングで1台の機器に多数の機能を搭載

コンパクトハウジングで75%の省スペース

CONTACTRON電子式コンタクタを使えば、以前は制御盤で多くのスペースが必要だった機器の組合せを1つの機器に置き換えることができます。

この電子式コンタクタは指定に応じて最大4つの機能を1台の機器に組み合わせます。また薄型設計で幅わずか22.5 mmという特長があります。

必要なスペースを従来のソリューションと比較  

CONTACTRON電子式コンタクタで最大75%の省スペース

かつて多数のドライブアプリケーションは複数のスイッチングデバイスを必要としていた

メカニカルスイッチングデバイスはコンタクタとも呼ばれ、通常ドライブのオン/オフを切り替えます。従来、モーター保護リレーで故障時にモーターを停止させるモーター電流の過負荷や遮断を監視していました。

1つのドライブで正転と逆転のどちらも必要な場合、スイッチング素子を追加して2本の電線を切り替える回路テクノロジ機能を実行する必要がありました。そのときアプリケーションの機能安全要件を満たす必要もある場合、スイッチング素子を1つまたは2つ追加して直列で接続する必要がありました。

多くのドライブアプリケーションには全部で4~5台の機器が必要で、それぞれプランニング、配線、接続する必要がありました。CONTACTRON電子式コンタクタはこの機能を1つの機器に組み合わせています。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階