概要に戻る

コラボレーションについて

ハノーバーメッセ2012を振り返って

「エキスパートパートナーシップ」によるコラボレーションを紹介します。フエニックス・コンタクトはハノーバーメッセ2012でコラボレーションについて記者会見を行いました。

2012

コラボレーションの初期成果

フエニックス・コンタクトはハノーバーメッセ2012でEatonとのコラボレーションの成果を発表します。前年のハノーバーメッセ2011で両社はCONTACTRONおよびSmartWire-DT™テクノロジのコラボレーションに関する協力合意に署名していました。フエニックス・コンタクトは今回SmartWire-DT™接続による新しいCONTACTRONスイッチングデバイスを発表します。

コラボレーションの成果としてWöhnerとフエニックス・コンタクトは60 mmのバスバーにも使用できる耐短絡電子式コンタクタを発表します。

2011

エキスパートパートナーシップ

Wöhnerは2011年11月に新たなパートナーに加わりました。工作機械とシステム製造の需要が高まっていることを受け、両社は「エキスパートパートナーシップ」の名称でテクノロジの供給を共同で模索しています。WöhnerはWöhner CrossLink Technologyに加わり、この電子式コンタクタを適切なアダプタを使って60 mmのバスバーシステムテクノロジとDINレールの両方で使用できます。

フエニックス・コンタクトはパートナーであるEatonおよびWöhnerと協力してSmartWire-DT™、CONTACTRON、CrossLinkの3つのテクノロジを市場に導入し、この製品ラインアップをさらに開発し拡大します。

Eatonとの協力合意

フエニックス・コンタクトとEatonはハノーバーメッセ2011で産業用電子スイッチングデバイスと通信システムの開発とマーケティングに関する条項を定めた協力合意に署名しました。

このコラボレーションの目的はCONTACTRON電子式コンタクタの共同戦略を開発し実行すること、およびSmartWire-DT™をインテリジェントスイッチングデバイスの新しい通信接続標準に確立することです。

エキスパートパートナーシップ

エキスパートパートナーシップ

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階