概要に戻る

WirelessHARTアダプタで簡単に組込み

リモートのフィールド装置をネットワークにリンク

WirelessHARTアダプタ  

WirelessHARTアダプタでフィールドデバイスを簡単に組込み

WirelessHARTアダプタはケーブルベースのHARTプログラミングに代わるすぐれたソリューションです。従来、HART装置に直接接続するにはケーブルを使う必要がありましたが、今ではワイヤレステクノロジで簡単に接続できます。フィールドデバイスをWirelessHARTアダプタに接続するだけでネットワークに組み込むことができます。

アダプタとフィールドデバイスを直接接続することも、アナログループの任意のアクセスポイントに接続することもできます。

WirelessHARTアダプタの電源には柔軟性があり、条件に合わせることができます。

電流ループ電源を接続したアダプタ(2線式)

WirelessHARTアダプタ  

ループ電流で簡単に電源を確保

設置時間を短縮します。WirelessHARTアダプタを既存のフィールドデバイスに接続する場合、4~20 mAの電流ループで十分に動作します。

別売の電源を接続したアダプタ

電源を接続したアダプタ  

DC 24 V電源を接続したアダプタ

電流ループ電源でWirelessHARTアダプタが動作しない場合は、代わりに別売のDC電源を使用します。アダプタが確実に動作し、4~20 mAの信号は干渉を受けません。

マルチドロップモードでアダプタごとに複数の装置

マルチドロップアダプタ  

1台のアダプタで複数のHART装置

フエニックス・コンタクトのWirelessHARTアダプタはマルチドロップモードでも使用できます。これは、1台のアダプタで4~20 mAの信号が使用できないHART装置を最大4点まで接続できることを意味します。アダプタには別売のDC電源を使用します。接続した装置にはこのアダプタから給電されます。    

HART非対応の4~20 mAの装置を組込み

4~20 mAの装置をワイヤレスネットワークに組込み  

4~20 mAの装置をワイヤレスネットワークに組込み

WirelessHARTアダプタを使用して、HART非対応の4~20 mAの装置をWirelessHARTネットワークに組み込むこともできます。

この場合、別売のDC電源でWirelessHARTアダプタを動かします。接続した装置にはアダプタの電流ループを通じて電源が供給されます。次に電流ループが測定され、プロセス値として送信されます。

フレキシブルにプログラミング

HARTプログラミング  

HARTプログラミングツールでフレキシブルにプログラミング

WirelessHARTアダプタはHARTプログラミングツールで簡単にプログラミングできます。このツールはアダプタのHARTモデムループに接続されています。

接続しているHART装置はプログラミングツールを再接続せずに直接設定できます。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階