概要に戻る

最高の表示機能:SCADAテクノロジ

SCADA(Supervisory Control and Data Acquisition)はコンピュータを使ったテクニカルプロセスのモニタリングと制御を表す頭文字です。表示用インターフェースは人間と機器が対話するためのインターフェースです。

SCADA機能を用いた表示の特長は拡張性と多様性です。複雑な機器、システム、自動化プロセスの操作や監視が必要な場所で使用します。

システムの集中監視をPCや他のHMI(ヒューマン-マシンインターフェース)装置などでおこなうため、スイッチやシグナリング装置など従来使用していたインジケータを排除できます。

特長:SCADAでは一般的なデータ形式や通信標準がサポートされています。

SCADAについて

SCADA表示機能で無限の可能性  

SCADA表示機能で無限の可能性

SCADA表示ソフトウェアの特長:幅広い機能。

  • システムや機器の操作と監視
  • トレンディング:測定データでの曲線描画など
  • アラーミング:許可/不許可状態のプロセス値を監視、ユーザー通知を含む
  • データロギング:あとで分析したり図示できるようデータをデータベースに記録
  • ユーザー管理:ユーザー権利の割当てと制限
  • レポート作成:収集したデータを分析しレポート形式で表示

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階