概要に戻る

アンマネージドスイッチシリーズSFNT

DINレールに取付けられたSFNBシリーズの2台のアンマネージドスイッチ

SFNTはプロセス産業や船舶アプリケーションなどの過酷なアプリケーション向けに、アンマネージドスイッチを拡張した特殊なスイッチです。このスイッチは過酷な環境条件に関して特に堅牢です。このスイッチは特定の産業向けに認証されており、これは多くのユーザにとって前提条件であるため有利です。

プロセス産業での使用に最適化

精製所パイプライン  

SFNTアンマネージドスイッチは処理工場での使用に最適

SFNTシリーズアンマネージドスイッチは、プロセス産業での使用に最適化されています。​-40°C~+75°Cの広域の温度範囲と、産業固有の​ATEX​、​IECEx​、およびUL​ ​Class​ 1 ​Div​ 2認証により、この産業の過酷な環境条件に理想的です。

特に過酷な環境に対応する基板コーティング

SFNTシリーズのアンマネージドスイッチには、高度な湿気、ほこり、化学物質などの外部の影響に対して高いレベルの保護を提供する特殊なバージョンがあります。このバージョンの、「C」(基板コーティングの意味)が追加されたPCBの電子部品は、アッセンブリ後に保護ラッカーでコーティングされています。そのため、環境条件による損傷や故障のリスクは最小化されます。

シンプルなエラー診断

スイッチ上のアラームLED  

SFNTアンマネージドスイッチは機器上のLEDでエラーを表示

エラー状態診断はマネージドスイッチでのみ実行できます。しかし、SFNTシリーズのアンマネージドスイッチは、エラー検出用の基本的な機能もサポートします。信号コンタクトの助けにより、個々のポートの電源の問題やリンクの中断は、たとえばコントローラに伝送されます。監視ポートはDIPスイッチで簡単に設定できます。

FL SWITCH SFNTの概要

 FL SWITCH SFNT
伝送速度

10/100 Mbps

電源

9 ~ 32 V DC、冗長

12 ~ 48 V DC*、冗長

温度範囲

-40°C ~ +75°C

保護等級IP20
特長QoS、信号コンタクト、基板コーティング*
認証

CE、UL、KC*

ATEX*、IECEx*

DNV/GL*、ABS*、LR*、BSH*、BV*

* 一部のモデル

アンマネージドスイッチシリーズSFNTの製品リストを見るには、ここをクリックしてください。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階