概要に戻る

セキュリティ上安全な送信ワイヤレステクノロジ:MOTR9

Trusted Wireless Ethernet向けワイヤレスモジュールRAD-ISM-900-EN-BDは、MOTR9テクノロジつまり1 Wのトランシーバをベースにしたデジタル信号プロセッサ(DSP)で動作します。この装置はライセンスフリーの900 MHz帯を使用し、最大500 kbpsのデータ速度でさまざまなパケットサイズのデータを伝送します。このワイヤレスシステムは干渉イミュニティがきわめて高く、128/192/256ビットのAES暗号化を追加して不正アクセスから保護できます。

厳しい産業環境で高い信頼性

Trusted Wireless Ethernet無線モジュール  

コンパクトなハウジングの頑丈なテクノロジ

ワイヤレスモジュールは産業環境で使用すると高度な干渉を受けます。このような条件でも信頼性のある通信をするには頑丈なワイヤレスシステムが必要です。

複数のフィルタ段階と周波数変換で、感度、選択度、S/N比を大幅に向上させることが可能です。

この結果ワイヤレス通信の距離が伸び、干渉イミュニティが向上し、他のワイヤレスシステムとの共存が可能になります。  

周波数ホッピング方式で干渉に対する高い耐性

周波数ホッピング方式FHSS  

周波数ホッピング方式で信頼性のあるワイヤレス伝送を実現

Trusted WirelessテクノロジではFHSS(Frequency Hopping Spread Spectrum)という周波数ホッピング方式を使用します。この方式ではトランスミッタとレシーバが常に無線周波数を変更します。各チャネルで短時間の通信が発生します。
ワイヤレスモジュールが1つのチャネルに「とどまる」ことがないため、通信の干渉イミュニティが高くなります。また周波数ホッピング方式では盗聴がきわめて難しくなります。


概要に戻る
詳細

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階