概要に戻る

安全、すばやく、きれいに導体を剥き線

剥き線は、確実な圧着を作成するための製造プロセスの次の段階です。この場合、シースを剥がすことと取り外すことは区別されます。

剥き線は一般用語として使用されるだけでなく、最大16mm²までの導体からの絶縁部の取外しを説明するために使用されます。取外しとは、大きな導体の断面および複数の撚線または多層のラインおよびケーブルの線剥きプロセスのことを示します。

絶縁体は、適切な剥き線工具を使用して専門的かつ迅速に取り外すことができます。取り外す絶縁体の長さは、接続ポイントとコネクタによって異なります。これは調整可能な制限により設定され、一定の線剥きの長さで停止・確保します。

剥き線工具での導線の剥き線

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階