概要に戻る

IEC 62305-3に準拠の標準試験

IEC 62305-3には保護機器の定期検査が規定されています。

規格に準拠した試験と記録

サージ保護機器はIEC 62305-3に準拠して定期的に検査する必要があります(下の表をご覧ください)。さらにこの規格では、検査結果(値)を追跡できるよう記録しておく必要があります。

  • ImpulseCheckは監視対象のサージ保護機器の状態(健全状態)を継続的に取得します。対応する報告書を、ボタンを押すだけでいつでも生成できます。
  • CHECKMASTER 2は保護プラグの試験を行って、試験結果を内部メモリに保存します。
  • 保存したテスト結果はいつでも出力できます。
  • 試験報告書には製品型式、検査結果、および検査日時が記載されます。
  • データはUSBメモリからPCに転送されます。
  • ログファイルはCSV形式で保存され、どのスプレッドシートプログラムでも加工できます。
雷保護レベルIとIIIIIとIV
目視検査(間隔)毎年隔年
総合試験隔年4年ごと
クリティカルシステムの総合検査毎年毎年

概要に戻る
詳細
  • IEC 62305-3に準拠の標準試験

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

コンフィグレータ

個別アプリケーションのために製品およびソリューションの環境設定を行います。

サージ保護と干渉フィルタ