アレスタ用テスト装置

ポータブルテストラボ

ポータブルテストラボ

広範なプラグインサージ保護機器試験でスクリーニング試験を実施できます。

戻る サージ保護機器・干渉フィルタ

カテゴリ

絞込み検索 アレスタ用テスト装置

このカテゴリの製品をすべて表示する

プラグインアレスタの状態を早期に確認します。CHECKMASTERでフエニックス・コンタクトのサージ保護機器を検査し、すべての関連コンポーネントを試験します。

特長

  • スクリーニング試験で向上するシステムの可用性
  • 高レベルの品質と安全性:更新機能により常に最新の製品開発にあわせてアップデート
  • ユーザーフレンドリー、信頼性、迅速 – バーコードスキャナを利用してアイテムをエラーフリーで入力
  • 各種テストソケットで高レベルの投資セキュリティ

定期検査で安全なサージ保護機器

CHECKMASTER 2アレスタテストデバイス  

CHECKMASTER 2:各種タイプおよび回路用テストデバイス

サージ保護機器はIEC 62305-3に準拠して定期的に検査をする必要があります。さらにこの規格では、検査結果(値)を追跡できるよう記録しておく必要があります。CHECKMASTER 2の運用方法はこの要件を満たしています。

  • CHECKMASTER 2の検査結果はすべて内部メモリに保存されます。
  • 保存された検査結果(値)はその場で、あるいは後からでも出力できます。
  • 試験報告書には製品型式、検査結果、および検査日時が記載されます。

複数のテストソケットがあり、CHECKMASTER 2でほぼすべてのプラグインアレスタを試験できます。

正確な診断で製品ごとに的確な検査

バーコードスキャナ  

バーコードスキャナで検査品を簡単に識別

CHECKMASTERでフエニックス・コンタクトのサージ保護機器を、各製品固有の電気特性に従って検査します。製品番号はバーコードスキャナで間違いなく読み取ることができます
。 検査品をテストアダプタに挿入します。スキャナでデバイスタイプが検出されていれば、挿入と同時に検査が開始されます。
検査品の製品番号は、テストアダプタを挿入してからタッチパネルで入力することもできます。

試験結果

  • ステータス1:OK
  • ステータス2:tolerance limit reached(公差限度到達)
  • ステータス3:overloaded, replacement required(過負荷状態、交換する必要があります)

Tolerance limit reached – replacement recommended(公差限度到達 – 交換をおすすめします)

CHECKMASTERに「Tolerance limit reached」(公差限度到達)と表示された場合、アレスタは既に劣化しています。この時点ではまだサージ保護機器は機能していますが、予防保守の一環として交換することをおすすめします。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階
045-471-0093 (代表)