電源用サージ保護

電源用サージ保護

ハイパワー

送電から末端機器まで、あらゆる要件に対応するサージ保護

戻る サージ保護機器・干渉フィルタ

カテゴリ

  • クラス1+2組合せ雷電流およびアレスタ
    雷電流アレスタ

    フエニックス・コンタクトのクラス1+2組合せ雷電流およびサージアレスタは、スパークギャップテクノロジに基づき、クラス2サージ保護機器の電圧保護レベルを提供します。

  • クラス1+2特殊組合せ雷電流およびサージアレスタ
    クラス1+2の雷電流とサージアレスタの組合せ

    フエニックス・コンタクトの独自のクラス1+2特殊組合せ雷電流およびサージアレスタは、1台の保護機器のみで2つの本格的な保護機器クラスを提供

  • タイプ2サージ保護機器
    タイプ2サージ保護機器

    フエニックス・コンタクトのバリスタをベースとしたタイプ2サージ保護機器は、さまざまなアプリケーションで使用できます。最も薄型のサージ保護機器の幅は、チャネルあたりわずか12 mmです。

  • タイプ3機器保護
    タイプ3サージ保護

    フエニックス・コンタクトのタイプ3サージ保護は、末端機器を過渡電圧による破壊から確実に保護します。

絞込み検索 電源用サージ保護

このカテゴリの製品をすべて表示する

フエニックス・コンタクトのタイプ1+2、タイプ2、およびタイプ3のサージ保護機器は電気機器を効果的に保護します。当社の製品ラインアップは、すべてのアプリケーションに対して便利ですぐに取付けられるソリューションを提供します。

特長

  • 強力な部品で、すべての標準電源システムで使用可能
  • 続流のないスパークギャップテクノロジにより、優れたシステム可用性
  • 調整された保護機器で、すべての保護レベルを一貫して保護
  • スリム設計により省スペースで低コストの設置を実現
  • プラグ式保護機器の予測試験により、状況を前もって把握
  • 電源用サージ保護は、COMPLETE lineシステムの一部です

セーフエナジーコントロール製品ラインアップ

電源システム用サージ保護  

電源システム用サージ保護

セーフエナジーコントロール(SEC)は、直撃雷保護およびサージ保護の分野において、非常に優れた耐久性を実現するとともに最高の性能をもたらす製品シリーズです。この画期的なスパークギャップテクノロジは、あらゆる続流の発生を安全に防止します。このテクノロジにより、設置全体のストレスを最小限に抑えることができます。このサージ保護機器はシステム全体の保護のために、バックグラウンドで動作します。あらゆるアプリケーションでバックアップヒューズを必要としないソリューションが利用可能です。一貫したプラグ式システムによりSECシリーズが揃います。

タイプ1+2組合せ雷電流およびサージアレスタ

タイプ1+2雷電流保護機器/電源システム用組合せ雷電流およびサージアレスタ  

タイプ1+2組合せ雷電流およびアレスタ – FLT-SEC-P-T1-3S-350

すべてのタイプ1雷電流保護機器は、放電能力に関して最大の要件を満たします。同時にタイプ2のサージ保護機器(SPD)でもあります。タイプ1雷電流保護機器がタイプII試験を満たすという事実は冗長な情報であり、追加の適格性性を示すものではありません。そのため、これらにタイプの保護機器は「組合せ雷電流およびサージアレスタ」(SPDタイプ1+2)と呼ばれます。雷電流とサージアレスタを組合わせることで、この保護機器は両方の試験タイプを満たすことができます。

タイプ1+2特殊組合せ雷電流およびサージアレスタ

1つの製品にタイプ1雷電流保護機器とタイプ2サージ保護機器の組合せ  

タイプ1+2特殊組合せ雷電流およびアレスタ – FLT-SEC-T1+T2-3S-350

タイプ1+2特殊組合せ雷電流およびサージアレスタは、タイプ1+2組合わせ雷電流およびサージアレスタとは根本的に異なります。これは、タイプ1+2特殊組合せ雷電流およびサージアレスタは、最小のスペース内に並列してスイッチングする2つの独立した保護機器が含まれているからです。電圧スイッチングスパークギャップ(SPDタイプ1+2)は、電圧制限バリスタ(SPDタイプ2)とともに使用すると最適に機能します。この組合わせによって、1つのコンパクトなブロック内の2つの自律的保護機器により、最適な応答動作、最適なシステム保護、コンポーネントの長寿命を保証します。

タイプ2サージ保護機器

タイプ2サージ保護機器  

タイプ2サージ保護機器 – VAL-SEC-T2-3S-350

タイプ2サージ保護機器(SPD)は一般的に、二次分電ステーションまたは機械制御盤に取付けられます。3レベルのサージ保護設計における2番目の保護レベルを形成します。タイプ2のSPD、間接落雷またはスイッチング動作のサージ電圧から保護できなければなりません。スイッチング動作により生じるサージ電圧は、非常にダイナミックなことが多く、雷によって生じるサージ電圧よりもはるかに頻繁に生じます。ここでは、バリスタテクノロジなどの高速応答動作のテクノロジがその能力を発揮します。

タイプ3機器保護

末端機器のタイプ3サージ保護  

タイプ3機器保護 – PLT-SEC-T3-230-FM-PT

タイプ3サージ保護機器は一般的に、保護対象である末端機器のすぐ上流に取付けられます。そのため、「機器保護」とも呼ばれます。さまざまな取付け環境に対応するため、タイプ3 SPDには幅広い設計があります。

  • DINレール取付け用機器
  • ソケット挿入用機器

あらゆる状況の保護

電圧保護レベルの概略図  

さまざまなアレスタタイプの電圧保護レベル

サージ電圧は干渉可能性要素です。効果的に保護しなければ、影響を受けた機器の修理や交換に高いコストがかかると予想できます。

フエニックス・コンタクトの多レベルコンセプトでシステムと機器が効果的に保護されます。

  • タイプ1保護レベル:
    強力な雷電流アレスタ(タイプ1+2組合せ雷電流およびサージアレスタ、またはタイプ1+2特殊組合わせ雷電流およびサージアレスタ)
  • タイプ2保護レベル:
    いかなる電源ユニットにも不可欠なサージ保護
  • タイプ3保護レベル:
    過電圧の影響を受けやすい末端機器のサージ保護

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

コンフィグレータ

個別アプリケーションのために製品およびソリューションの環境設定を行います。

ビルディングオートメーション用サージ保護

サービス


電源用サージ保護

電源用サージ保護の学習モジュールです。


サージ保護機器を刷新

セーフエナジーコントロールテクノロジによる極めて高い耐久性