概要に戻る

DINレールで使用

ノイズに弱い機器を保護するには最終となる第3段階の保護としてクラスⅢ機器保護を行う必要があります。このとき分電設備にクラスⅡサージ保護機器を設置していることが必須条件です。

ACおよびDC用の強力な機器保護

クラスⅢ電源用機器保護

クラスⅢ電源用機器保護

電流および熱による過負荷が発生した場合、外付けのバックアップヒューズがなくても内部分離器と内蔵のアレスタバックアップヒューズで高い安全性を実現します。

このため、PLUGTRAB-SECはACおよびDC機器の確実なサージ保護ソリューションとなります。

接続と取外し

保護プラグの接続しと取外しが簡単  

保護プラグの接続しと取外しが簡単

PLUGTRAB SECのモジュールにはプラグ式という特長もあります。ベースエレメントとプラグはコーディングされています。このため異なる電圧レベルのプラグを間違って接続することはありません。

プラグ式の特長は次のとおりです。

  • 絶縁を測定するときはプラグを外します。配線の取外しや再配線をする必要はありません。
  • 極めて高いサージ電圧などで保護プラグに想定外の過負荷が発生した場合、影響を受けたプラグをすばやく低コストで交換できます。
  • 保護プラグのチェックはテスト装置CHECKMASTER 2ですばやく簡単に実行できます。

便利なモニタリング

OKを示す緑が点灯しているPLUGTRAB SEC  

保護プラグでの表示

PLUGTRAB SECの保護モードの動作状態はすべて監視されています。

エラー発生時にはプラグが熱遮断されます。これはモジュールのLEDで直接確認できます。同時に無電圧のc接点でも監視できます。このようにリモート表示は簡単にメンテナンスできます。

保護機器には大きなマーキングエリアがあり現場で正確に判別できます。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

コンフィグレータ

個別アプリケーションのために製品およびソリューションの環境設定を行います。

ビルディングオートメーション用サージ保護

サービス

電源用サージ保護

電源用サージ保護の学習モジュールです。