概要に戻る

ソケット用差込み式プラグ

過電圧の影響を受けやすいデバイスを保護したいとお考えですか。その場合は最終保護段階でタイプ3デバイス保護を接続する必要があります。分電設備にサージ保護機器を設置していることが必須条件です。

現在の取付けを変更

タイプ3デバイス保護を組み込んだ差込み式プラグ  

MAINTRAB差込み式プラグで簡単に変更

タイプ3デバイス保護は過電圧の影響を受けやすい端末デバイスも安全に扱えるレベルまでサージを制限します。

取付けはとても簡単で、MAINTRABのプラグをソケットに差し込み、次に保護するデバイスの主電源プラグをMAINTRABに差し込むだけです。たったこれだけで、接続先のすべての端末デバイスを最適に保護できるようになります。

インターフェース保護のあるMAINTRABを使えば一石二鳥です:
電源と他のインターフェースをサージ電圧から同時に保護するには差込み式プラグ1点を接続するだけで十分です。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

コンフィグレータ

個別アプリケーションのために製品およびソリューションの環境設定を行います。

ビルディングオートメーション用サージ保護

サービス

電源用サージ保護

電源用サージ保護の学習モジュールです。