概要に戻る

計測制御回路用プラグインアレスタ

計測制御回路技術ではサージ保護が非常に重要です。多数の信号ケーブルが並列で配線されているため、ほとんどのサージ電圧がカプリングされます。 システムの構造によっては異なる設計や機能のサージアレスタを使用できます。 ここでは計測制御回路技術用プラグインサージアレスタの概要を説明します。

PLUGTRAB PT-IQ:システムをインテリジェントにサージ保護

PLUGTRAB PT-IQ  

保護機器の状態をLEDの色で表示

PLUGTRAB PT-IQは、さまざまな新機能を持つ新しい先進的なサージ保護システムを提供します。特に興味を引く機能には保護機器の多段階シグナリングがあります。保護回路の電圧制限コンポーネントはそれぞれインテリジェント監視されています。

黄のLEDはサージ電圧が頻繁に発生しているために性能限界に達していることを示しています。アレスタは機能しており、この時点ではシステムは保護されています。ただし不要な保守を避けるために交換をおすすめする状態です。

  • 赤 = 要交換
  • 黄 = 交換を推奨
  • 緑 = アレスタOK

 

上に戻る

PLUGTRAB PT-IQ - 簡単に取付け

PLUGTRAB PT-IQをすばやく簡単に配線してリモート表示に組み込む方法を動画で紹介します。

上に戻る

PLUGTRAB PT-IQの特長

  • マイクロプロセッサ制御のモニタリングシステムで予測モニタリングをおこないます。
  • 厳しい環境に設置するときも安全に固定できる新しいロックメカニズムにより、防振型設置を実現します。
  • 電圧コーディングと極性反転保護で必ず正しく接続し、エラーフリーで設置できます。
  • 最大5つの信号線を幅17.5 mmで保護し、省スペースでの取付けが可能です。
  • すばやく設置し、DINレールコネクタで電源と状態の情報を送信します。配線時間を大幅に短縮します。
  • DINレールコネクタ経由で最大28点の保護モジュールに1つのコントローラから電源を供給します。モジュールが28点を超える場合はコントローラを追加して電源を供給する必要があります。
  • 保護モジュールの緑のLEDはコントローラで一括してオフにできるので、エネルギー効率がよいのが特長です。
  • 従来のねじ接続と便利なプッシュイン接続のどちらかを選択できます。
上に戻る

PLUGTRAB PT:コンパクトで柔軟

フエニックス・コンタクトのPLUGTRAB PT  

汎用プラグイン

PLUGTRAB PT-IQなどの予測モニタリングシステムが不要な場合は、システムでPLUGTRAB PTモジュールを使用することもできます。

幅17.5 mmで最大5本の信号ケーブルをサージ電圧から保護します。さらに、PLUGTRAB PTモジュールは防爆エリアでの使用にも適しています。

上に戻る

COMTRAB Modular:最大10組のダブルケーブルを構成可能

フエニックス・コンタクトのCOMTRAB Modularを用いた計測制御回路技術用サージ保護  

さまざまな保護を実現

フエニックス・コンタクトのCOMTRAB Modularシリーズには、さまざまなインターフェース向けの保護回路を接続する保護プラグがあります。1つのマガジンに最大10点の保護プラグを収納できます。

アッセンブリしたマガジンはベースエレメントまたはLSA-PLUS断路ストリップに挿入します。

プラグとマガジンの組合せ

保護プラグはスタンドアロンの個別モジュールとして開発されています。つまりマガジンなしでも使用できますが、その際は接地レールを追加する必要があります。とはいえ、プラグとマガジンを組み合わせた方が便利です。

プラグをマガジンにスナップ止めするだけでユニットを作成できます。当然ながらプラグをマガジンから外すこともできます。

プラグタイプ

次のいずれかを選択できます。

  • 粗保護と精密保護回路を組み合わせたフローティングダブルケーブル用プラグ
  • 片面接地信号とISDNインターフェース

さらに、粗保護プラグは高耐電圧のインターフェースを保護したり、雷保護ゾーンのコンセプトでたとえば送信ポイントの最初の保護段階として使用できます。

上に戻る

プラグイン式の特長

プラグインアレスタには次のような多数の特長があります。

  • 遮断せずにサービス作業
  • 安全に挿入して接続
  • 設置時最高レベルの安全性
  • 簡単で低コストの交換
  • すべてのプラグはCHECKMASTERでテスト可能
  • 省スペースで取付け

便利な設置コンセプトを持った計測制御回路技術用サージ保護を選択する場合、2分割構成の機器つまりベースエレメントやマガジンと保護プラグという構成の機器が必要です。

上に戻る

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階
045-471-0093 (代表)