絶縁スパークギャップ

配管の雷保護

配管の雷保護

サージ電圧による損傷から絶縁フランジを保護します。

戻る サージ保護機器・干渉フィルタ

カテゴリ

絞込み検索 絶縁スパークギャップ

このカテゴリの製品をすべて表示する

エラー、ダウンタイム、配管の漏れも防ぎ、火花の影響を受けやすい絶縁フランジを保護します。絶縁スパークギャップはサージ電圧を安全に放電し配管の円滑な運用を確保します。

特長

  • 可能な限り最高の雷撃電流容量クラスHで最大保護
  • 優れた耐腐食性で厳しい環境条件でも耐久性
  • フランジの絶縁キットに合わせた応答電圧で最適な保護
  • 国際的に認められている防爆エリアでの認定で多様性

パイプラインの雷保護等電位ボンディング

絶縁スパークギャップを接続した絶縁フランジ  

絶縁スパークギャップを接続した絶縁フランジ

配管を低コストで運用するには寿命の長さが不可欠です。防錆には能動的防食システムが使用されています。このシステムを通常運用する場合、金属製の配管を接地電位から絶縁する必要があります。

保温筒と絶縁フランジをサージ電圧による損傷から保護するために絶縁スパークギャップを使用します。サージ電圧が発生すると絶縁スパークギャップの抵抗が下がり放電が生じます。こうして雷保護等電位ボンディングが実現します。可能な限り最高の雷撃電流容量クラスH(IEC 52561-3準拠)で大きな雷撃電流であっても決められた経路を通じて安全に接地放電されます。

サージ電流に強い接続

取付け具のある絶縁スパークギャップ  

取付け具のある絶縁スパークギャップ

落雷時は非常に大きな電流が部品を通じて放電されるため、アクセサリもこの負荷に確実に対応する必要があります。

このためフエニックス・コンタクトの絶縁スパークギャップFLT-ISG…を接続するすべてのアクセサリは放電に対応する設計となっています。

絶縁スパークギャップを取り付ける際は、防爆エリアでのスパーク災害を避けるために試験済みのアクセサリを使用します。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

コンフィグレータ

個別アプリケーションのために製品およびソリューションの環境設定を行います。

サージ保護と干渉フィルタ