概要に戻る

特長の詳細

機能の安全性と信頼性

SILのロゴ

MACX Analog信号変換器はIEC 61508に準拠し一貫してSIL認証を取得

フエニックス・コンタクトの標準開発プロセスはIEC 61508に準拠した機能安全要件を満たしています。

認定取得済みのMACX Analog信号変換器はSIL 2のあらゆるセーフティ関連アプリケーションに対応しています。このためシステムに最高レベルの信頼性と安全性を確保できます。

正確な伝送と高い動作信頼性

入力、出力、電源を安全に電気絶縁  

3方向を電気的に絶縁し動作信頼性が高い

MACX Analog信号変換器は、入力、出力、電源を一貫して安全に電気絶縁する設計です。このため信号を正確に伝送し、システム障害発生時の動作信頼性が向上します。

ソフトウェアを使わずに簡単設定可能

ソフトウェアを使わずに簡単設定可能  

ソフトウェアを使わずに簡単に監視、設定、コピー

MACX Analog信号変換器はソフトウェアを使わずに簡単にプログラミングできます。装置の種類に応じて次の設定方式を選択できます。

  • DIPスイッチ。装置前面の透明なカバーの下にあります
  • オペレータインターフェースと表示ユニット。互換性のある装置にスナップ止めしてあります。設定を他のモジュールにコピーすることも、プロセス値を制御盤で直接監視することもできます。
    別売のホルダで組み合わせて使用すれば、リモート表示ユニットとしてDINレールに取り付け可能な携帯型オペレータパネルになり便利です。

便利なコンフィグレーションと監視

IFS-CONFシステムソフトウェア  

ソフトウェア経由での便利なコンフィグレーションと監視

互換性のあるMACX Analog信号変換器は、フリーソフトウェアを使ってPCから簡単に設定することもできます。

次の3つのソリューションから選択できます。

  1. ANALOG-CONFスタンドアローンソフトウェア
  2. FDT/DTMソフトウェアパッケージ
  3. スタンドアローンDTMで現在のFDフレームアプリケーションを使用

組込みの監視機能で現在のシステム値を記録できます。装置はすべてソフトウェアからのコンフィグレーションをサポートしており、設定後納品も可能です(別途指定)。

メンテナンスが簡単で安全:プラグイン接続端子台

コーディング付きプラグイン接続端子台  

コーディング付きプラグイン接続端子台

MACX Analog信号変換器の特長は簡単にメンテナンスできる接続テクノロジです。ねじ接続式とプッシュインテクノロジによるスプリング接続式があります。

コーディングとマーキングで極性反転保護や端子台の誤接続を防止できます。

また、接続端子台にソケットが組み込まれています。このソケットでたとえばHART通信を接続できます。

電源と診断のインテリジェントコンセプト

DINレールコネクタから給電  

24 V電源と診断信号をモジュールでブリッジ

MACX Analog信号変換器には次の2つの装置電源用ソリューションがあります。

システムソリューション

DINレールコネクタで24 V電源を接続します。配線、システム拡張、モジュール交換が簡単にできるようになります。任意のMACX Analogモジュールから直接給電することも、グループエラー表示を追加した電源エラーメッセージモジュールを使用することもできます。

フレキシブルソリューション

広範囲電源により、正しく取り付けたMACX Analog信号変換器を世界中どこでも電源ユニットを追加せずにすべての電源ネットワークに直接設置できます。

高速でエラーフリーの信号接続

MACX Analog信号変換器を接続した端末キャリア  

標準DINレール機器に接続したMACX Analog端末キャリア

端末キャリアは、MACX AnalogシリーズのDINレール装置をオートメーションシステムの入力および出力カードにすばやく簡単に接続するコンパクトなソリューションです。

アッセンブリ済みのVARIOFACEシステムケーブルを使い、端末キャリアをコントローラにPlug and Playですばやく簡単に接続します。

モジュール式のDINレール機器とPlug and Playシステムケーブルの特長を組み合わせ、一貫性のあるシステムテクノロジ向けソリューションを構築します。

すべての防爆ゾーンとガスグループに対応する最大の防爆

ExおよびIECEx認証

MACX Analog信号変換器は最大の防爆を提供

MACX Analog

すべてのMACX Analog信号変換器は、次のATEXおよびIECEx標準の認証を受けています。

  • Ex n – 防爆ゾーン2に設置

MACX Analog Ex

多くのプロセステクノロジシステムには防爆対応となるエリアがあります。このため、計測制御回路は一般的に本質安全保護タイプEx iで設計されています。

MACX Analog Ex i信号変換器および測定用変換器は本質安全を非本質安全回路から絶縁し、防爆エリアに供給されるエネルギーを安全に制限します。また広範な信号処理タスクも実行します。

すべてのMACX Analog Ex信号変換器は、次のATEXおよびIECEx標準の認証を受けています。

  • [Ex ia] – 防爆ゾーン0および防爆ゾーン20の本質回路
  • Ex n – 防爆ゾーン2に設置する装置

また、ULやGOSTなど関連する国家認証にも対応します。

 

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階
045-471-0093 (代表)

コンフィグレータ

個別アプリケーションのために製品およびソリューションの環境設定を行います。

幅6 mmの絶縁信号変換器