概要に戻る

無線イーサネットによる機能安全

ケーブルを使わずに安全信号を伝送

柔軟性と信頼性を備えた無線ソリューションは、産業用オートメーションでの利用が増えてきています。セーフティアプリケーションで無線通信のメリットも活用できるようになりました。当社のBluetooth製品およびセーフティ製品では、TÜV試験済みの無線セーフティソリューションを提供しています。

安全信号の無線伝送

Bluetoothによる安全が簡単に

セーフティと無線を両立させるメリット

  • 既存のオートメーションネットワークへの組込みが簡単
  • 長距離の安全信号を確実に伝送
  • 分散型またはモバイル型の機械構造によるコスト削減

Bluetooth経由のSafetyBridge Technology

安全信号の無線伝送  

標準信号と安全信号の伝送

SafetyBridge Technologyを利用することで、安全関連のすべてのデータ信号を安全で確実に無線で伝送することができます。つまり、セーフティアプリケーションのセーフティ特性を変更することなく、ケーブルを簡単に無線パスに置き換えることができます。

特長:

  • 安全信号を最大100 mまで確実に伝送(伝送距離は環境によって異なる)
  • 冗長伝送チャネルとエラー訂正機能により安全なデータ伝送
  • PL eまたはSIL 3まで対応するセーフティ機能

 

MUXモード―プラグ・アンド・プレイソリューション

MUXモードのSafetyBridge I/O  

設定済みセーフティモジュールとBluetoothモジュール

お使いのセーフティアプリケーションに対応するプログラミング不要の無線ソリューションをお探しですか。

イーサネット無線セットとSafetyBridge I/Oモジュールを使用する当社のプラグ・アンド・プレイソリューションにお任せください。SDカードを使用することで、ソフトウェアでの追加設定が不要なマルチプレクサシステムを入手することができます。この結果、手間をかけずに信頼性の高いBluetooth接続を構築することができます。

特長:

  • プラグ・アンド・プレイによる簡単な設置
  • プログラミング不要―SDカードを挿入するだけ
  • 安全信号を簡単に伝送
  • WLANパスとの並列配線でも確実なデータ伝送

概要に戻る
ソフトウェア
アプリケーションの安全性
SafetyBridge

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階