抵抗依存型の測定

抵抗依存型の測定

オーダーメイドサージ保護

TERMITRAB completeは、全ての要件を満たす最適なサージ保護ソリューションを提供します。

戻る 計測制御テクノロジ用サージ保護

カテゴリ

絞込み検索 抵抗依存型の測定

このカテゴリの製品をすべて表示する

抵抗依存型の測定の場合、サージ保護機器の内部抵抗によって、測定結果に誤差が生じるすることがあります。このため、これらのアプリケーションには、非常に低い内部インピーダンスの保護のある保護回路を利用できます。

特長

  • 超薄型の保護機器による省スペースの取付け
  • 多様性の高いアプリケーションに適合する設計と接続テクノロジ
  • プラグ式のサージ保護機器により、試験が簡単
  • ATEXおよびIECEx認証で世界各地の防爆エリアで使用可能

抵抗依存型の測定

Pt 100アプリケーション向けTERMITRAB complete  

Pt 100アプリケーション向けTERMITRAB complete

測定された変数が電子部品の抵抗値から直接決定される場合、測定ループ内の追加インピーダンスは、特別な役割を果たします。これは、例えばプラチナ抵抗検出器(Pt 100、Pt 1000)による温度測定や、2線式テクノロジを使用したひずみゲージによる温度測定に影響します。一般的に計測制御サージ保護製品には、コモンモードのパス内にインピーダンスがあります。再較正なしで回路にインピーダンスが導入された場合、測定結果には、合計インピーダンスの変化により、誤差が生じます。追加の縦抵抗のない回路バージョンでは、この種のアプリケーションへのサージ保護の取付けが簡単になります。

繊細な測定用に理想的な保護

Push-in式またはねじ式接続の、4線式アプリケーションに対応するサージ保護  

4線式アプリケーション用TERMITRAB complete

温度や重量測定など、測定値の正確さが要求されるほど、これらの測定に使用される導線の数が増えます。2線式または3線式測定の場合、ケーブル長により不正確になることがあります。4線式測定の場合、このような誤差は測定セットアップによって予防できます。

TERMITRAB completeを使用して、1台の保護機器で4線すべてを過電圧から保護(全体幅わずか6 mm)です。保護機器はベースエレメントとプラグで構成されます。メンテナンスが必要な場合、運転中に、測定信号への影響や配線作業なしで、プラグを交換できます。要件によって、高速のPush-in接続方式または従来型のねじ接続方式を使用します。視覚監視により、追加の出費なしで最大40台の保護機器をリモート信号システムに統合できます。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

コンフィグレータ

個別アプリケーションのために製品およびソリューションの環境設定を行います。

計測制御回路用サージ保護