充電ステーションおよびウォールボックス向けの残留電流監視

残留電流監視

すべての電流側で残留電流検出

充電ポイントの可用性を高めてコストのかかる保守を回避しましょう。

戻る 充電コントローラ

カテゴリ

絞込み検索 残留電流監視

このカテゴリの製品をすべて表示する

EV-RCMシリーズの残留電流監視モジュールを使用すると、IEC 62752の要件に準拠して測定センサでACおよびDC残留電流を検出できます。エラー発生時にモジュールが充電プロセスを中断するため、タイプA残留電流機器と組み合わせると、高価なタイプB残留電流機器を使用しなくて済みます。

特長:

  • 連続残留電流監視による充電ポイントのシステム可用性の向上と耐用年数の増加
  • たった1台の測定変換器で汎用残留電流検出
  • コスト効率にすぐれたタイプA残留電流機器の使用と連続運転が可能
  • 便利な状態監視とエラー発生時の自動リセット(フエニックス・コンタクトの充電コントローラとの組合せ)

1チャネルの残留電流監視モジュール

充電ポイント残留電流監視用1チャネルのRCMモジュール  

1チャネルの残留電流監視モジュール

測定センサ1台を備えた1チャネルのEV RCM Basicモジュールは、特に1箇所の充電ポイント用に設計されています。タイプA残留電流セーフティ機器と組み合わせて家庭用のシンプルな充電ポイントで使用するのに最適です。

アプリケーション例:家庭用充電ステーション

図は残留電流監視付きウォールボックスのセットアップを示す  

残留電流監視付きウォールボックスのセットアップ

家庭用充電ステーションで、1チャネルのRCMモジュールで残留電流を検出し、この情報で充電ポイントを遮断できます。家庭で使用するコンパクトな充電ポイントの長期耐久性を確保します。

2チャネルの残留電流監視モジュール

2つの異なる充電ポイントの残留電流監視のための2チャネルのRCMモジュール  

2チャネルの残留電流監視モジュール

2チャネルのEV RCM Compactモジュールは、1つの充電ステーションで2つの異なる充電ポイントの汎用残留電流検出に使用します。2つの測定センサで別々に監視して、商用充電ポイントの可用性を高めます。1つのRCMユニットで別々の信号評価ができて、スペースとコストを削減できます。

アプリケーション例:商用充電ポイント

図は異なる充電ポイントと残留電流監視付き充電ステーションのセットアップを示す  

2チャネルのRCMモジュールによる充電インフラ

2チャネルのRCMモジュールには、潜在的な残留電流が存在する場合に、充電ステーション内の2箇所の充電ポイントをそれぞれ別々に監視できるオプションがあります。これにより、商用充電インフラの可用性向上というメリットがあります。

フエニックス・コンタクトの充電コントローラと組み合わせた場合のメリット

EVCC BasicおよびEVCC Advanced充電コントローラ  

EVCC BasicおよびEVCC Advanced充電コントローラ

RCMモジュールを、フエニックス・コンタクトの充電コントローラEV Charge Control BasicまたはEV Charge Control Advancedに接続することで、便利な状態監視や残留電流がなくなり次第自動リセットが可能になります。

その結果、コストのかかるサービスを回避し、さらなる充電プロセス用に充電ポイントがすぐに利用可能になることを保証できます。さらに、IEC 61851-1やDIN VDE 0100-722に準拠して電気自動車を充電する際に必要となる感電防止を実現します。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階