冗長化モジュール

冗長化モジュール

デカップリング、監視、制御

冗長化モジュールはアプリケーションに特化しているためシステムの動作信頼性を高めます。

戻る 電源とUPS

カテゴリ

絞込み検索 冗長化モジュール

このカテゴリの製品をすべて表示する

動作信頼性に対する要求が最も高いアプリケーションでは、冗長電源ソリューションが必要となります。1台の電源ユニットで障害が発生しても、システムが停止することはありません。

冗長化システムは、互いに切り離された2つの電源ユニットの並列接続により構成されます。アクティブ冗長化モジュールまたはシンプルなダイオードによるこのデカップリングは、ご使用のシステムの高可用性と生産性を保証します。

特長

  • フエニックス・コンタクトの電源に特化した機能と設計
  • 各モジュールに2台のプラス出力端子台があり負荷を常時冗長化
  • 寿命が2倍 – ACBテクノロジによるORINGモジュールで平衡荷重を確保
  • 70%のエネルギーを節約:ORINGモジュールはダイオードを使用せずにMOSFETで分離

QUINT ORINGアクティブ冗長化モジュール – デカップリングと監視

QUINT S-ORING付きデカップリングと監視  

QUINT S-ORING付きデカップリングと監視

QUINT S-ORINGは、冗長化システムを別々に構築するためのアクティブなシングルチャネルの冗長化モジュールです。新しいQUINT POWER電源との組合せにより、ご使用のシステムを常時監視できます。

QUINT ORINGアクティブ冗長化モジュール – デカップリング、監視、制御

アクティブ冗長化モジュール付きデカップリング、監視、制御  

QUINT ORING付きデカップリング、監視、制御

QUINT ORINGアクティブ冗長化モジュールは、電元ユニット電圧、配線、デカップリング、また負荷電流など、冗長ソリューション全体を監視します。したがって危機的な動作状況が初期段階で検知され、冗長性の回復ができます。

ダイオード付きデカップリング

ダイオード付きデカップリング  

QUINT、TRIO、UNO、またはSTEPダイオード付きデカップリング

複数の電源が分離した場合、電源ユニット1台分の出力時または電源ユニットからダイオードへの供給ラインの際の短絡が負荷に影響を与えることはありません。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

コンフィグレータ

個別アプリケーションのために製品およびソリューションの環境設定を行います。

電源とUPS

サービス

ダウンロード


QUINT ORINGの使用

QUINT ORINGモジュールのすべてがわかります。