概要に戻る

SAFETYPROG – 機能安全用プログラミングソフトウェア

マウスをクリックするだけで簡単に機能安全をオートメーションに組み込みます。SAFETYPROGはフエニックス・コンタクトの高性能安全性コントローラ用プログラミングソフトウェアです。簡単な緊急停止から複雑な安全性ネットワークまで、条件に適したした安全性システムを作成できます。

安全性を簡単に実現

機能安全 – SafetyProgで直観的にプログラミング  

機能安全 – SAFETYPROGで直観的にプログラミング

SAFETYPROGを使えば、安全性コントローラを使って安全なアプリケーションを開発できます。このためにPROFIsafeまたはINTERBUS-Safetyネットワークを使用します。TÜV認定のこのプログラミングツールを利用して安全性アプリケーションのさまざまな開発フェーズをこなしていくことができます。

  • プロジェクトのコンパイル
  • プロジェクトを安全性コントローラに送信
  • 安全性コントローラの制御、例:起動、停止、リセット
  • 機能テストの実施
  • 安全性コントローラのモニタリングと安全性アプリケーションのデバッグ
  • プロジェクト資料
  • プロジェクト資料の印刷

役立つツールを備えた機能安全

SAFETYPROGには革新的なツールが多数用意されているため、機能安全をオートメーションシステムに確実に組み込みむことができます。

ユーザ管理アクセス権限の制限とログの変更
バスコンフィグレーションプロジェクトプロセスと診断データをインポート。このデータはグローバル変数ワークシートからグラフィカルコードに挿入できます。
バスナビゲータ接続先の装置を説明とセキュリティIDを含めてパラメータ指定、表示
CodeエディタとEditウィザードアプリケーションコードをファンクションブロック図(FBD)とラダー図(LD)で開発
安全な標準PLCのカプリング標準信号を拡張変数形式で拡張
プロジェクトツリー安全性アプリケーションの組織化と構造化 例:ファームウェアライブラリの挿入
相互参照ウィンドウとメッセージウィンドウメッセージや相互参照を表示
コントローラのシミュレーション安全性コントローラの全機能を用いて安全性ロジックをシミュレーション
変数エディタグリッド重視で変数を表示
機能のモニタリングとデバッグ変数、シングルサイクルモード、ウォッチウィンドウを強制/上書き、変数の状態を表示

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階