概要に戻る

光ファイバーメディアコンバータ(OLM)

条件の厳しい産業用アプリケーションで高可用性を実現 – ここではPSI-MOS FOコンバータを使用します。FOコンバータは伝送距離が長く高いEMCイミュニティが必要なシステムには欠かせません。

このような場合、次の点でPSI-MOSデバイスが他の標準コンバータより優れています。

モジュール構造

DINレールコネクタ経由で接続  

DINレールコネクタ経由で接続

DINレールコネクタでデバイス同士をすばやく簡単に接続できます。この方法でデータ信号と電源のクロス配線を行います。デバイスをすばやく設置し誤接続を防ぎます。

このようにアプリケーションに合わせて最大10台のデバイスを組み合わせることができます。このモジュールPROFIBUSハブは銅線または光ファイバーで30チャネルまで設計できます。

モジュールで柔軟に:稼働時でも他のモジュールに影響を与えずにモジュールを交換できます。オプションのシステム電源をシステムに連続的に組み込んで冗長的に使用することもできます。

光診断を組込み

信号品質をバーグラフで表示  

信号品質をバーグラフで表示

すべてのPSI-MOSデバイスにはバーグラフ表示がありいつでも状態を把握できます。

次のような大きな特長があります。

  • 光ファイバーパスの光信号の品質を起動および運転時に常に評価。
  • 伝送品質が低下した場合は、システムエラーが発生する前に早期警告を送信。クリティカルな信号品質では、デバイスからアラーム出力が作動します。

長距離でも干渉フリー

送電塔  

配電アプリケーションのイメージ:長距離をブリッジしてもEMCを実現

性能クラスによってはデバイス間の距離を最大45 kmにすることができます。EMC要件が高い極めて条件の厳しいアプリケーションでは光ファイバーに最大の干渉イミュニティを持たせることができます。このときシステム部品間は高品質の電気的絶縁となります。

複雑なスター型分配器をPSI-REP銅線リピータと組み合わせて銅線と光ファイバーのチャネルを混在させることができます。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階