PoE(Power over Ethernet)

PoE(Power over Ethernet)

PoEは2 in 1

PoE機器を使い1本のケーブルでデータとパワーを伝送

戻る 産業用イーサネット機器

カテゴリ

絞込み検索 PoE(Power over Ethernet)

このカテゴリの製品をすべて表示する

遠隔にあるか手が届きにくい場所にあるシステム部品に機器を取り付ける場合でも別の電源は必要ありません。フエニックス・コンタクトの産業用PoE機器を使えば、電源とデータを同じイーサネットケーブルで伝送できます。

特長

  • 配線の手間が省けるため機器の取付けが簡単
  • IEEE 802.3に準拠した標準化により、メーカー間での使用が可能
  • 取扱いが簡単で既存のシステムをすばやく改修可能
  • PoE機器はCOMPLETE lineシステムの一部です。

大規模ネットワーク - 最小の配線

PoE機器を使用する/使用しない場合のネットワークのセットアップ  

PoEを使用して配線の手間を軽減します。

通常、ネットワーク内のすべてのイーサネット機器は、別々の電気ケーブルとデータケーブルを介して供給する必要があります。PoEを使用することで、電源ケーブルや追加の電源ユニットを使用する必要がなく、また関連する設置コストも削減することができます。イーサネットケーブルを介して末端機器に直接電力が供給されます。パワーとデータは、PoEインジェクタまたはPoEスイッチなどのPSE(Power Sourcing Equipment:給電機器)モジュールを使用してデータケーブル経由で伝送されます。受信側は、例えば、カメラ、IP電話、またはWLANアクセスポイントなどのPD(Powered Device:動力機器)です。非PoE対応の末端機器であっても配線の手間を軽減することができます。PoEスプリッタを末端機器の上流に設置するだけです。これによりPoEが通信用ケーブルと電源用ケーブルに分かれて戻されます。

PoEインジェクタ

さまざまな接続テクノロジを搭載したPoEインジェクタ  

IEEE 802.3- af, -at, -btに準拠したさまざまな性能クラスのミッドスパンPoEインジェクタ

PoEインジェクタの新しい製品ラインアップにより、たった1本のケーブルで、現場の機器にデータおよびパワーを供給できます。PoEインジェクタには、フィールドケーブルの設置を大幅に簡素化するさまざまな接続テクノロジが搭載されています。IDC式接続、Push-in式接続、またはねじ式接続からお選びください。2つのRJ45接続付きバージョンもご利用いただけます。

PoEスイッチ

アンマネージドおよびマネージドPoEスイッチ  

監視またはセーフティアプリケーション用の産業用PoEスイッチ

フエニックス・コンタクトは、IPカメラなどのPoEで動作する末端機器向けに、産業用アンマネージドスイッチおよびマネージドスイッチを多数取り揃えています。保護等級IP20およびIP65のアンマネージドPoEスイッチは、最大8個のPoE PDを備えたシンプルなPoEアプリケーションに最適です。堅牢なマネージドPoEスイッチは、最大8つのPoEポートと、PoE設定のための追加機能も提供します。

PoEスプリッタ

PoEスプリッタPD1000  

PoEスプリッタはパワーとデータをローカルに分離します。

PoEスプリッタを使用すると、非PoE対応末端機器をリモートステーションに簡単に、かつコスト効率良く設置することもできます。WLANまたはBluetoothアクセスポイント、コントローラ、I/Oステーションなどの場合、PoEスプリッタはデータとパワーをローカルで分離して、これらを別々に利用可能にします。したがって、非PoE対応ネットワーク部品であっても、費用対効果が得られ、PoEソリューションの配線が容易になります。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

サービス


イーサネットパッチパネル

フィールド配線および制御盤配線の間のインターフェース