概要に戻る

PoEインジェクタ

PoEインジェクタ

PoEインジェクタは、たった1本のケーブルで、現場の機器にデータおよびパワーを供給します。さまざまなIDC、Push-in式またはねじ式接続技術で、フィールドケーブルの設置が大幅に簡素化されます。

特長

  • IEEE 802.3- af, -at, -btに準拠し、最大60ワットの性能クラスで利用可能なミッドスパンインジェクタ
  • さまざまな接続テクノロジの幅広い選択
  • 高いシステムの可用性を確保するためのサージ保護機能内蔵
  • EMCに起因するシールド電流または電位差の場合の診断用シールド電流監視機能
  • 前面パネルカバーで保護された配線スペース
  • 内部電源ユニットの電気的絶縁

さまざまな性能規格および電気的絶縁

内部電源ユニットの電気的絶縁  

電気的絶縁による短絡保護

幅広い利用可能な性能クラスにより、個別の要件を満たすことができます。PoEインジェクタは、規格IEEE 802.3で最大30ワットまで利用可能です。さらに、IEEE 802.3 btに準拠した最大60ワットまでの今後の規格に適合する機器をすでに提供しています。

内部電源ユニットのコンセプトの電気的絶縁:特定のバージョンでは、電源電圧とPoEポートは電気的に絶縁されています。

現場側のデータケーブルの短絡に対して最適な保護を提供します。

幅広い接続テクノロジと保護された配線スペース

すばやく簡単な接続  

代替接続テクノロジ

設置時の高い柔軟性と時間の節約:IDC式、Push-in式、ねじ式、およびRJ45接続のいずれかを選択できます。

保護されたケーブル配線スペース:ヒンジ付きカバーにより、フィールドケーブル側の配線スペースを、接続端子台およびシールド接触部で覆います。これにより、均一な設置パターンが保証されます。この視覚的な機能に加え、高感度の接続ワイヤは外部の影響から保護されています。

工具不要のシールド接続

緩んだ部品のない接続  

工具不要のシールド接続

ケーブルシールドを工具を使用せずにすばやく簡単に機器に接続することができ、同時にストレインリリーフも確保します。ケーブルを付属のシャフトに敷設し、カバーを閉じるだけで完了です。特長:弛緩した部品のない工具が不要な接続で、すばやく設置が可能

フィールドケーブル側のサージ保護およびシールド電流監視

LEDを介したシールド電流監視  

LEDを介したシールド電流監視

INJ 2000 PoEインジェクタには、新しいサージ保護機能とシールド電流監視機能が追加されています。

組込みのサージ保護機能は、機器とアプリケーションをデータケーブルで発生する突然の高電圧から保護します。

ケーブルのシールド電流監視は診断に使用されます。LEDは、EMCの影響によって生じる電位差やその他のシールド電流の差異の有無を示します。

PoEインジェクタの製品リストを見るには、ここをクリックしてください。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

サービス


イーサネットパッチパネル

フィールド配線および制御盤配線の間のインターフェース

関連情報