太陽光発電パーク管理

太陽光発電パーク管理

データ収集

大規模太陽光発電システムを稼働するためには、連続監視とセグメントレベルでの制御が必要です。

戻る モニタリングと診断

カテゴリ

絞込み検索 太陽光発電パーク管理

このカテゴリの製品をすべて表示する

ソーラー発電の利益率を上げる優れたソリューションをワンストップで提供します。信頼性のある監視製品が太陽光発電システムの状態を常に送信しており、最大の発電量を確保するためにすぐに対応することができます。

特長

  • 雷撃や過電圧による損傷から太陽光発電パネルを保護し、カスタマイズされたコンパクトな機器接続ボックスを用いて発電量を増加
  • 個々のストリングを監視するために設計されたシステムでソーラーパワーを効率的に活用
  • 自動検出モードにより、すべてのシステムをプラグアンドプレイでPVパークに容易に接続
  • VDE-AR-N 4110/-20認証フィードインコントローラで、安定したパワーグリッド

接続箱

ストリングヒューズが制御ボックスの外側にあるSCB  

外部ストリングヒューズのSCBはコンパクトな設計が特長です。

太陽光発電システムのプランナであり設置者であるお客様の要望はシステムの発電量を最大にすることです。フエニックス・コンタクトの接続箱(SCB)はシステムの性能を向上させる重要な機能をコンパクトな省スペースハウジングに組み合わせています。

このボックスでストリング電流を収集・分散して個別モジュールを落雷や過電圧のダメージから保護し、システムの性能を監視します。要件に応じて、標準ストリングヒューズ付きのSCBと制御ボックスの外側にストリングヒューズがある非常にコンパクトなSCBをお選びいただけます。

ストリング監視

SOLARCHECKでストリング監視  

SOLARCHECKは太陽光発電システムの性能について信頼性のある情報を提供

太陽光発電システムはできるだけ短時間にソーラーパワーで最大のエネルギー発電量を達成する必要があります。このため個々のストリング故障時はすぐに対応することが重要です。フエニックス・コンタクトのストリング電流監視システムにより、誤作動とパワー損失にすぐに対応できます。

システムは通信モジュールと各種測定モジュールで構成されており、システムの電流と電圧を確実に監視できます。

インバータ通信

インバータ通信  

太陽光発電プロジェクト向けソフトウェアライブラリ

SOLARWORXには太陽光発電プロジェクトの実現のために特別に開発されたPC Worxのソフトウェアライブラリが含まれています。

中でも、このライブラリにはすべての一般的なタイプのインバータにすぐに使用できるドライバブロックが含まれます。太陽光発電システム立ち上げのためのエンジニアリング費用を最低限に抑えるため、環境用センサの接続および太陽光発電トラッキングシステム用に新しいドライバと機能分ブロックを常に開発しています。

 

データロガー

データロガー  

データロガーはすべての関連データを記録

大規模太陽光発電システムを稼働するためには、連続監視が必要です。当社のデータロガーは、環境条件と太陽光発電ストリングおよびインバータの状態に関連するすべてのデータを記録します。

送電制御

送電制御  

当社のPGSコントローラはVDE-AR-N-4110/20に準拠して認証済みです。

コントローラはグリッド接続でのパラメータを検出します。操作される変数はグリッドオペレータの仕様に基づいて計算され、インバータに伝送されます。この閉ループ制御回路を使用して、太陽光電力ステーションは中電圧または高電圧に接続するためのグリッドサポート機能を実行します。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階