PLCnext Control

PLCnext Control

オープンで革新的

PLCnext Control機器は、PLCnext Technologyと将来のオートメーションアプリケーション向けに設計されたPLCです。

戻る PLCとI/O機器

カテゴリ

絞込み検索 PLCnext Control

このカテゴリの製品をすべて表示する

PLCnext Control機器を使用すると、IEC 61131-3言語であれ高級言語であれ、お好みのプログラミング言語で柔軟に作業することができます。オープンソースのソフトウェアとアプリのすばやく簡単な統合、現在と将来の通信規格、クラウドへの接続によるインテリジェントなネットワーキングを利用した無限の柔軟性により、デジタル時代への移行に向けて可能な限り自由な発想が広がります。

特長

  • オートメーション業務に理想的に適用できる、様々な性能クラスのPLC
  • Proficloudへの組込み接続により、全世界の機械とシステムデータの解析が可能になります
  • PLCnext Control機器は、オープンソースのソフトウェアとアプリを使用して、関連するアプリケーションに合わせてカスタマイズすることができます。
  • オープンLinuxオペレーティングシステムと高級言語サポート
  • PLCnext Control機器はCOMPLETE lineシステムの一部です。

オープンで革新的―AxiocontrolシリーズのPLCnext Control

AXC F 2152 PLCnext Control  

AxiocontrolシリーズのオープンPLCnext Control

フエニックス・コンタクトは、PLCnext Technology向けに堅牢なAxiocontrolシリーズのさまざまなPLCを提供しています。高級言語によるプログラミング向けに設計されていますが、従来のIEC 61131-3言語にも対応しています。

PLCは、AxiolineおよびInline IP20のI/O機器向けのモジュールを使用して拡張可能です。さらに、追加のイーサネットポートなどのハードウェア機能を、AXC F 2152およびAXC F 3152 PLCnext Control機器の左側に追加することも可能です。

セキュリティは、ユーザー証明書も保存できるTPM(Trusted Platform Module:セキュリティチップ)をベースにしています。クラウド接続は、PLCに直接印刷されたQRコードをスキャンするだけで確立できます。

まず小規模アプリケーションでPLCnext Technologyの動作原理、操作、性能を試してみたいとお考えであれば、試験用アプリケーションのための事前に設置された部品で2つのスターターキットをのいずれかを使用できます。スターターキットをご注文いただく方には、Proficloudへの1年間の無料専用アクセスを提供しています。

安全で高性能―セーフティ機器を用いた大規模ネットワーク向けPLCnext Control機器

RFC 4072S PLCnext Control機器  

高級言語向けの高性能なPLCnext Control機器

新しいRFC 4072SはPLCnext Technology向けの初の高性能コントローラです。独立した2つのCPUと高性能な4コアシステムにより最高の安全性を実現し、最大300のセーフティ関連機器の非常に大規模なネットワークを運用できます。

抵抗膜式タッチスクリーンで操作性が向上したシンプルなユーザーインターフェースにより、高度な監視が確実になります。

組込みのOPC UAサーバにより、標準化された通信プロトコルを使用することで、PLCは今日ではすでに今後の需要に対応できるようになっています。

PLCnext EngineerのPLCプログラミングソフトウェアにより、標準プログラミングとセーフティプログラミングを実装することができます。

PLCnext EngineerのPLCプログラミングソフトウェアおよびプラグイン

PLCnext EngineerのPLCプログラミングソフトウェア  

個別のソフトウェアソリューション用のプラグインを備えたPLCnext Engineer PLCプログラミングソフトウェア

PLCnext Engineerは、PLCnext Technology搭載の次世代PLC向けの柔軟なPLCプログラミングソフトウェアです。それは設定、プログラミング、表示、および診断のために必要な基本機能をすべて備えています。分かりやすいインターフェース、オブジェクト指向プログラミング、個別に適応可能な機能は、新機能のほんの一部です。

自身のIEC 61131-3ブロックをプログラミングするために、Visual Studio用PLCnext Technology のDeveloper Toolsを使用することができます。セットアップには、C#でプログラミングされた機能および機能ブロックを使用して自身のライブラリを簡単に作成するために必要なすべてのツールが含まれています。

C++でプログラミングするには、ご使用のコントローラとオペレーティングシステムのファームウェアに対応するSDK(Software Development Kit:ソフトウェア開発キット)が必要です。ここでは、Phoenix Contactが提供するプラグインおよびPLCnext Engineer用のプログラム作成用ライブラリビルダ(Library Builder)を使用可能なEclipseを開発環境として推奨します。

PLCnext Store内のPLCnext Control用アプリ

PLCnext Store  

PLCnext Store内のPLCnext Control用アプリ

オートメーションテクノロジの現場での産業用アプリケーション向けソフトウェアアプリケーション(アプリ)はPLCnext Storeからダウンロードできます。これらを使用すると、より多くの技術的機能をPLCnext Control機器に直接簡単に追加することができます。

アプリケーション開発プロセスを促進して、オールインワンのアプリを使用でき、プログラミングの知識は不要です。

すぐに使用可能:PLCnext Storeを使用すると、例えば、PLCnext Control機器をプログラミングなしで簡単にソーラーパークPLCに変換することができるようになります。

フエニックス・コンタクトは既にPLCnext Engineer向けの多数のソフトウェアライブラリを提供しています。それらはPLCnext Storeのアプリとして簡単にダウンロードできるようになりました。

開発アプリ(dev app)を使用すると、ご要望のランタイム環境を追加してPLCnext Technologyを簡単に拡張することができます。そのため、Codesys、Java、Python、およびS5(Siemensランタイム環境)などの業界固有のプログラミング言語も使用可能です。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: https://www.phoenixcontact.com/online/portal/jp?1dmy&urile=wcm%3apath%3a/jpja/web/main/products/subcategory_pages/PLC_and_I_O_systems_P-21/cb588613-fd60-41e7-a3e4-61c93d94155e