概要に戻る

電子モーター管理モジュール

EMMモジュールは最新の有効電力監視の利点をすべて提供し、電流、電圧、位相角を記録します。状態を高速スキャンして常時監視することでシステムを全面的に保護します。

制限内の電力

モーター管理による状態監視  

モーター管理による状態監視

スイッチングおよびシグナリングしきい値を自由に設定できる電子モーターマネージャで、モーターとシステムを監視します。

  • 回転方向:両方の回転方向のしきい値を同じにすることも別々に設定することもできます。スイッチングしきい値オーバーレンジやアンダーレンジの場合は、モーターマネージャによりシステムが停止します。強制シャットダウンでも遅延が発生します。さらにこのモジュールは回転方向を検出する信号を生成し、非同期エラーとフェーズエラーがただちに表示されます。
  • パラメータ指定:パラメータ指定では、EMMモジュールは消費された有効電力を評価します。電圧の変動と駆動装置の負荷は含まれません。このため有効電力のパラメータは電流を考慮した場合よりも詳細に指定できます。
  • 信頼性の高いシステム保護:モーター駆動ポンプの場合、性能しきい値が低ければ危険なドライランニングから確実に保護できます。性能上限しきい値は異物の混入による詰まりにすばやく確実に反応します。穴あけ、切削、研磨時の工作機械も同様に監視および保護します。

多数の機能とオプション

FDT/DTMソフトウェアによるモーター管理  

FDT/DTMソフトウェアによるモーター管理

電子モーター管理モジュールでシステムをより安全に稼働できます。

次のデータも指定できます。

  • 皮相電力、有効電力、無効電力
  • 電流および電圧
  • 位相角
  • サイクルおよび動作時間カウンタ
  • パワーメーター
  • サーミスタ監視

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階