概要に戻る

Ex-i I/O:防爆エリアで信号を収集する本質安全コンポーネント

フエニックス・コンタクトのEx-i製品は防爆エリアで安全で信頼性のあるオートメーションを実現します。本質安全(IS)は本質安全装置の操作方法を指定するテクノロジです。

Inline I/Oステーションはゾーン2に設置しますが、センサとアクチュエータは必要に応じてゾーン0、1、2に設置します。

本質安全I/Oモジュール用アイソレータ端末

Inlineアイソレータ端末  

Ex iアイソレータ端末

既存のInline I/Oステーションを本質安全部品で拡張します。Inlineアイソレータ端末で本質安全モジュールとステーションですでに接続されている他のモジュールを切り離すことができます。

特長:

  • 本質安全および非本質安全I/Oモジュールを手堅く安全に分離
  • Inline I/Oステーション拡張時の柔軟性が向上
上に戻る

本質安全I/Oモジュール用電源

本質安全電源  

Ex-i電源

本質安全システムには安全な電気的絶縁が必要です。本質安全I/Oモジュールに確実に電源を供給するために、フエニックス・コンタクトには特殊Inline端子台のEx-i電源が用意されています。

特長:

  • 診断LEDでステーションの容量が通常ステージ、高ステージ、過負荷ステージであることがわかります。誤作動と事故のリスクを減らすことができます。
  • 電源により、本質安全ケーブルと非本質安全接続ケーブルの間に必要なスペースを取ることができます。
上に戻る

デジタル信号用本質安全I/Oモジュール

デジタルEx-i I/Oモジュール  

デジタル信号用Ex-i I/Oモジュール

防爆対応のセンサ/アクチュエータやナムアセンサと本質安全Ex-i I/Oモジュールを接続します。4チャネルをどれでも自由に選択し、用途に合わせて設定できます。たとえばフローティングコンタクト、ブザー、シグナルタワー、ソレノイドバルブなどに使用できます。

エラーをすばやく特定:各チャネルの診断用LEDで断線や短絡がわかります。

上に戻る

アナログシグナル用本質安全I/Oモジュール

アナログEx-i I/Oモジュール  

アナログシグナル用Ex-i I/Oモジュール

本質安全I/Oモジュールの4つのチャネルにはさまざまな使い方があります。

  • 0~20 mAの電流用
  • 4~20 mAの電流用
  • 0...10 Vの入力電圧用

アナログEx-i I/Oモジュールは最大解像度16ビットの3種類のフォーマットをすべてサポートします。

エラーをすばやく特定:各チャネルの診断用LEDで断線や入力および出力のアンダーレンジ/オーバーレンジがわかります。

上に戻る

温度記録用本質安全I/Oモジュール

Ex-i 温度記録I/Oモジュール  

温度記録用Ex-i I/Oモジュール

温度記録用本質安全I/Oモジュールにはそれぞれ独自に設定できるチャネルが4つあります。すべてのチャネルは温度を記録するための各種機能をサポートします。

  • 抵抗温度センサ、例:2線式または3線式のPt 100
  • さまざまな標準タイプの熱素子(J、K、E、R、S、T)
  • -100~+100 mVシグナルの収集
  • 0...800 Ωまたは0...5 kΩの抵抗を検出

エラーをすばやく特定:各チャネルの診断用LEDで断線やセンサのアンダーレンジ/オーバーレンジがわかります。

上に戻る

防爆エリアで信号を収集する本質安全コンポーネント.


概要に戻る
ソフトウェア
Inlineのアプリケーション
詳細な製品情報
  • Ex-i I/O:防爆エリアで信号を収集する本質安全コンポーネント

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階