IO-Link

IO-Link

最終メーターまでの通信

IO-Linkと一貫してデータ交換 – コントローラから最下位のフィールドまで。

戻る プロトコル別の製品

カテゴリ

IO-Linkが提供するすべてのオプションを活用:ポイントツーポイント接続で、接続とセンサ/アクチュエータ間のプロセスデータとサービスデータのどちらも交換できます。

特長

  • ポイントツーポイント接続:既存のトポロジを維持
  • 標準センサ/アクチュエータケーブル、特別なケーブルやコネクタは不要
  • 一貫性のある通信:プロセスデータとサービスデータをどちらも伝送
  • デジタル通信とIO-Link通信を混在で動作

Axioline E IO-Linkマスタ

画像は、“One device, numerous possibilities”(装置は1台、可能性は多数)のキャッチフレーズに沿ったAxioline EシリーズIO-Linkマスタのバラエティ豊かなアプリケーションの可能性を示しています。

Axioline E I/O機器内のIO-Linkマスタ  

IO-Link機器により、Axioline E機器の機能範囲が広がります。

IO-Linkポートの各種動作モードを使えばIO-Linkマスタを通じて次の機能を実行できます。

  • デジタル標準信号
  • アナログ信号(IO-Link/アナログコンバータとの組合せ)
  • 流量センサなどのIO-Link機器や、バルブ群、光電子バリア、距離メータなど他の多くのIO-Link機器

多機能IO-Linkポートを使うと、IO-Linkマスタが汎用I/O機器になります。

IO-Link対応CONTACTRONハイブリッドモータースターター

制御盤内のハイブリッドモータースターターおよびセーフティリレー  

IO-Linkとネットワーク接続された分散制御ボックス内のセーフティリレーによるモータ制御

CONTACTRONハイブリッドモータースターターでモーターをすばやく確実に切り替えて逆転させます。ネットワーク接続可能なバージョンは、フィールドレベルと制御レベルの間での一貫した通信をサポートし、これによりプロセスデータを簡単に伝送できるようになります。

  • プロセスデータの直接接続と伝送のためのIO-Linkインタフェース
  • 中央制御盤および分散制御盤での柔軟な使用
  • プロセスデータに基づくサービス間隔でシステムの可用性が向上
  • ハイブリッドテクノロジを用いた低摩耗スイッチング
  • コンパクト設計でアプリケーション内が省スペース

IO-Link付き電子式サーキットブレーカ

IO-Link付きCBMC電子式サーキットブレーカ  

IO-Link付き電子式サーキットブレーカ

電子式サーキットブレーカは、ご指定の要件通りにオーダーメイドできます。それはコンパクトな設計と個別設定のオプションを兼ね備えています。つまり、たった1台でお客様が電流を簡単且つ柔軟に設定でき、省スペースを実現、またあらゆるアプリケーションを確実に保護することが可能になるということです。

CBMCサーキットブレーカを使用して1 ~ 10 Aのアプリケーションを保護します。必要な値は、LEDボタンを押すだけで機器側で直接設定できます。簡単な手順で、機器用サーキットブレーカをご使用のアプリケーションに簡単に適合させることができます。

IO-Linkインターフェース経由で機器用サーキットブレーカをご使用のシステムに組み込み、プロセスに関連するすべてのデータ概要を把握することができます。CBMCを読み込み、設定を修正できます。したがって、パラメータ化がはるかに便利になります。さらに、CBMCは機器のローカルでの操作をできなくすることが可能なため、不正な干渉をブロックすることもできます。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階