IO-Link

IO-Link

最終メーターまでの通信

IO-Linkと一貫してデータ交換 – コントローラから最下位のフィールドまで。

戻る プロトコル別の製品

カテゴリ

IO-Linkが提供するすべてのオプションを活用:ポイントツーポイント接続で、接続とセンサ/アクチュエータ間のプロセスデータとサービスデータのどちらも交換できます。

特長

  • IO-Linkにより生産性が向上
  • IO-Linkにより、設置、メンテナンス、交換のプロセスが簡単になります。
  • IO-Linkによりデータの可用性と精度が向上します。
  • IO-Linkはリモート診断によるトラブルシューティングを可能にします。

IO-Linkとは。

IO-Linkは、世界的に標準化された初のI/Oインターフェースです。このテクノロジは比較的新しいものですが、IO-Linkインターフェースを使用する製品の数は急速に増加しています。通信規格には多くのメリットがあり、新しいアプリケーションの機会を作って、産業用モノのインターネット(IIoT)などの重要な問題への投資を構成します。定義上、IO-Linkはセンサおよびアクチュエータをオートメーションシステムに接続するためのオープンソースのシリアルポイントツーポイント通信プロトコルです。

IO-Linkシステムの部品

IO-Linkシステムのアーキテクチャは、1つのコントローラ、1つのIO-Linkマスタ、および1つ以上のIO-Link機器で構成されています。シンプルな3線式のシールドなしケーブルで接続されており、設置がより簡単でコスト効率良く行えます。

  • IO-Linkマスタ: マスタは、上位レベルの制御用インターフェースを提供し、接続されたIO-Link機器との通信を制御し、パラメータデータおよびIODDファイルを格納します。
  • PLC (プログラマブルロジックコントローラ):コントローラは、入力の状態を監視し、出力の状態を制御するために使用されます。
  • IO-Link機器 この用語は、I/O、コンバータ、セーフティリレー、モータースタータまたは機器用サーキットブレーカなど、システムに接続されたすべてのインテリジェントセンサまたはアクチュエータを指します。IO-Linkに関して、「インテリジェント」とは、機器が識別データ(例えば、型式、シリアル番号、またはパラメータデータなど)を有することを意味します。このデータは、IO Linkプロトコルで読取り可能です。さらに、IO-Link機器は、予防保守およびサービスに使用できる詳細な診断データを提供することができます。
  • IODDファイル (IO機器の説明):このファイルには、メーカー、製品番号、機能などのIO-Link機器に関する機器の説明とパラメータ情報が含まれています。
  • アクチュエータ: アクチュエータとは、電気信号と電流を機械的な動きに変換して機械的な設置を制御する出力機器です。
  • センサ: センサとは、物理的変数(例えば、温度、圧力または位置)を測定し、その値を記録および表示、またはフィードバックを提供する機器です。
IO-Linkシステムの部品  

IO-Linkシステムのレベル

IO-Linkの特長

生産性

IO-Link機器はコントローラに詳細なステータスデータを提供します。このデータは、問題をすばやく検出できるため、メンテナンス計画に役立ちます。たとえば、ユーザーが6か月ごとに汚れたセンサから警告メッセージを受け取った場合、年に2回都合の良い時間に、清掃を計画することができます。さらに、機器のリアルタイム障害検出により、予期しないダウンタイムを最小限に抑えて運用コストを削減できます。  

簡素化

IO-Linkはすべて簡単です。標準ケーブルとオスコネクタを使用できるため、設置が簡単です。ご使用のシステムを監視して設定を調整できるため、メンテナンスが簡単です。IO-Link機器のエラー検出機能を使用すると、問題の原因をすばやく簡単に特定できます。コントローラに格納されているパラメータデータにより、交換プロセスも簡単です。IO-Link機器を交換する必要がある場合、格納されたパラメータはプログラミング機器を使用せずに自動的にIO-Link機器に複製されます。この機能により、ご使用のシステムは再びすぐに稼働できます。

データの可用性と精度の向上

IO-Linkのないアナログセンサは、データがコントローラに到達する前に複数のA/D変換を通過することが多く、エラーの発生に繋がる可能性があります。IO-Link機器には、1つのA/D変換機能しかありません。これにより測定精度が向上し、プロセス全体の精度が向上します。

リモートコンフィグレーション

ステータスメッセージに応答することにより、デスクからIO-Link機器のパラメータを変更することができます。したがって、障害を修正するために、生産ラインをシャットダウンして機器に物理的にアクセスする必要がなくなりました。

標準センサでは対応していないIO-Link機器の機能とは。

IO-Link機器は次の3つのデータタイプを供給します:

  • プロセスデータ: IO-Link機器がIO-Linkマスタに読み込んで送信するステータス情報、またはIO-LinkマスタがIO-Link機器に送信する情報。このプロセスでは、ステータス情報も同様に送信されます。従って、プロセスデータが有効かどうかを確認することができます。距離センサによって測定された距離は、プロセスデータの一例です。
  • サービスデータ: IO-Link機器に書き込むか、IO-Link機器で読み取ることができる情報。例:センサのモデルまたはメーカー番号は、機器の識別や新しい機器の設定に役立ちます。
  • イベントデータ: (過熱などの)イベントが起こると「すぐにIO-Link機器からIO-Linkマスタに送信されるエラーメッセージなどの通知。

IO-Link製品ラインアップ

IO-Link製品ラインアップ  

制御盤用および現場設置用のIO-Linkマスタおよび機器

最後のメーターまで通信する当社のIO-Link製品:

  • IP20およびIP67向けのIO-Linkマスタ
  • 安全で標準化されたI/Oボックス
  • アナログコンバータ
  • セーフティリレー
  • ハイブリッドモータースターター
  • 機器用サーキットブレーカ

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

サービス

ダウンロード