概要に戻る

柔軟でインテリジェントにパラメータ指定 – AutomationXplorer+

AutomationXplorer+はインテリジェント装置であるセンサやアクチュエータにパラメータを指定して診断するオープンソフトウェアツールで、標準FDT(Field Device Tool)インターフェースをベースにしています。

開放されたFDTインターフェース

AutomationXplorer+ソフトウェア  

AutomationXplorer+ソフトウェア

FDT/DTMテクノロジは、AutomationXplorer+ソフトウェアで一貫性のあるパラメータ指定をおこなう際の基本になります。FDTは、プラットフォームがサードパーティ製ソフトウェアのユーザーインターフェースと通信ドライバおよび各種ネットワークに開放されていることを保証します。

このプラットフォームは、装置固有のユーザーインターフェース(DTM)を常に一般的な方法で呼び出して使用できる枠組みとなります。

このため、センサやアクチュエータなどのインテリジェント装置にパラメータを指定する場合、装置独自のユーザーインターフェース(DTM)が一括管理されているのであればAutomationXplorer+が理想的なソフトウェアです。

フィールドに応じて最大制御

AutomationXplorer+を使えば、他のネットワークのセンサやアクチュエータなどのインテリジェント装置にパラメータを指定できます。たとえばシステムでEthernet、INTERBUS、HARTを使用しているのであれば、それぞれに対応する通信DTMとゲートウェイDTMを使ってAX+とセンサ間でダイレクトなポイントツーポイント通信が実現できます。

統合TCIインターフェース

使用しているDTMユーザーインターフェースを、たとえばSiemens社のエンジニアリングシステムに接続させたいと考えた場合は、Tool Calling Interface(TCI)からAutomationXplorer+を呼び出します。DTMが起動し、たとえばIO-Linkセンサにパラメータを指定することができます。

AutomationXplorer+の利点

AutomationXplorer+で装置のパラメータを変更できます。たとえばIO-Linkセンサで距離測定の調整パラメータを変更したり、HARTセンサで流量測定の診断パラメータを変更したりできます。


概要に戻る
詳細

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階