概要に戻る

食品加工産業における工程

食品およびパッケージはシステムや機器の部品に接触する際に汚染されてはなりません。

製造工程には直接食品に触れる工程、防水対応が必要な環境、直接食品には触れない工程の3種類があります。工程ごとにセンサ/アクチュエータとそれぞれのケーブル、コネクタに固有の要件があります。
フエニックス・コンタクトの幅広い製品ポートフォリオでアプリケーションに適したソリューションをお選びください。

直接食品に触れる工程

ハイジェニック仕様  

衛生要件が最も厳しいハイジェニック仕様

この工程では食品がシステム部品と直接接触した後に加工作業の流れに戻ります。したがってこの工程の衛生要件は非常に厳しくなっています。コネクタや他の部品に埃だまりがあってはなりません。

M12ハイジェニック仕様はこの工程で使用するためにEHEDGのガイドラインに従って特別に開発・実装されています。

スプレーゾーン

ウォッシュダウン仕様  

中レベルの衛生要件のウォッシュダウン仕様

防水対応が必要な環境では部品が食品と直接接触する可能性があります。直接食品に接触する工程と異なるのは、食品は部品と接触した後に加工作業の流れに戻らないことです。フエニックス・コンタクトのウォッシュダウン仕様のコネクタは防水対応が必要な環境向けに特別に開発されました。取っ手はなめらかな形をしており、食品の破片がコネクタに付着するのを最低限に抑えています。

直接食品には触れない工程

標準SACシリーズ  

標準SACシリーズ

常この工程の食品は梱包されておりシステム部品と直接接触することはありません。この場合の要件は従来の産業環境と同等です。梱包システムは強力な洗剤で洗浄する必要がなく、通常は高圧機器を使用しません。この工程で使用するセンサ/アクチュエータ配線にはフエニックス・コンタクトの標準ラインアップが適しています。


概要に戻る
  • 食品加工産業における工程

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

コンフィグレータ

個別アプリケーションのために製品およびソリューションの環境設定を行います。

センサ/アクチュエータケーブル配線