Axioline F – I/O

Axioline F – I/O

高速で堅牢な通信

Axioline F I/Oで制御盤に信号を確実に伝送します。

絞込み検索 Axioline F – I/O

このカテゴリの製品をすべて表示する

デジタルおよびアナログの入出力と機能を搭載した、特別なアプリケーション用の幅広いI/Oモジュール。多様なI/Oモジュールによって、ステーション構造の柔軟さを保証します。

特長

  • コンパクトな混合モジュールにより、省スペースな制御盤
  • 絶縁プレートのない超小型の低電圧モジュールを自由に組合わせ、ステーション構造が簡単
  • Push-inテクノロジによる、センサとアクチュエータのI/Oへの高速接続

IO-Link機器の接続用IO-Linkマスタ

制御盤用IO-Linkマスタ  

Axioline F I/O機器用のIP20 O-Linkマスタ

制御盤内で8台までのIO-Link機器を接続し、Axioline F I/Oシステムで使用するIO-Linkマスタ。Axioline F I/Oステーション内のIO-Linkポートの数を増やすには、モジュール式にIO-Linkマスタを追加するだけで済みます。

IOL-CONFソフトウェアを使用してIO-Link機器をパラメータ設定。

エネルギーおよび電力測定用のI/Oモジュール

エネルギーおよび電力測定用のAxioline Fモジュール  

エネルギーおよび電力測定用のAxioline Fモジュール

エネルギーと電力のデータを捉えることは、現代の多くのアプリケーションで必要とされています。

AXL F PM EF 1F I/Oモジュールを使用すると、I/O機器が迅速に処理できる正確なデータを受信できます。事前設定済みパラメータで、必ず簡単に起動できます。隣接するモジュールは安全に絶縁されます。このため絶縁措置を追加する必要がありません。

高調波の測定により、幅広いグリッド分析を受信し、さまざまな方法で使用できます。

I/Oモジュールは低電圧指令に従って認証されており、400 V/690 Vまでの電圧にコンバータなしで直接接続できることが特徴です。

IEC 61850準拠のAxioline F

Axioline Fは、エネルギー産業向けの極めて簡単なI/Oソリューション  

Axioline FでIEC 61850への準拠が簡単

極めて堅牢なI/O機器として、Axioline Fはエネルギー業界のアプリケーションにとって最適なソリューションです。IEC 61850向けのバスカプラと定格電圧および電気的強度が向上したI/Oモジュールで、Axioline FはIEC 61850でも使用できるようになりました。同時に、扱いやすく柔軟なステーションコンフィグレーションの利点も享受できます。

  • パラメータ指定が簡単で、特定のプログラミング知識がなくても開始できる
  • ウェブインターフェースを通じて製品に柔軟かつ簡単にオンラインアクセス可能
  • 超低電圧および低電圧モジュールを絶縁プレートなしで自由に組合せ可能
  • IEC 61850準拠の通信でAxioline F I/O機器と他の機器との相互運用が可能

Axioline FとAxiocontrol

一貫性のあるPROFINETまたはModbus/TCPソリューションに対応する、AxiolineとAxiocontrol  

一貫性のあるPROFINETまたはModbus/TCPソリューションに対応する、AxiolineとAxiocontrol

I/Oモジュールを当社のコントローラに追加するだけです。AxiocontrolとAxioline Fを使用すると、一貫性のあるオートメーションタスクソリューションをPROFINETまたはMODBUS/TCPで作成できます。

Axiocontrol AXC 3050コンパクトコントローラは平均的なオートメーションタスクから複雑なものまで、すばやく確実に制御します。Axiocontrol AXC 1050小規模コントローラはPROFINET機器として動作し、上位PROFINETコントローラの負荷を軽くします。分散I/Oステーションの制御に理想的で、組込みのUPSで高い稼働率を確保します。

すべてのAxiocontrolコントローラにAxioline FシリーズI/Oモジュールを最大63台まで接続して、シームレスに拡張できます。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

サービス


Axioline F – PROFINET

パラメータ指定と診断


Axioline F I/O機器

Axioline F I/O機器の特長とオプション

関連情報