ニュース概要

フエニックス・コンタクト社、セキュリティの国際標準規格 「IEC 62443-4-1および2-4」に基づく認証を取得

2019/04/08

Phoenix Contact

産業用接続機器、制御製品および通信機器のマーケットリーダーであるフエニックス・コンタクト社(本社:ドイツ、ブロンベルグ)は、産業用自動化のセキュリティに関する国際標準規格「IEC 62443-4-1および2-4」シリーズに基づく認証を、第三者認証機関TÜVSÜD(テュフズード)より、ドイツで最初に取得した企業の1社となりました。

認証は当社が以下のプロセスを実行していることを確証するものです。
 
•「IEC 62443-4-1」プロセスに準拠したセキュアな設計による製品の開発
•「IEC 62443-2-4」プロセスに準拠したセキュアな自動化ソリューションの設計


これらの認証の取得は、当社の提供する製品、産業ソリューション、およびコンサルティングサービスにおいて標準化されたセキュリティを提供して、お客様の機械、システム、およびインフラの将来にわたる動作を確実にするというフエニックス・コンタクト社の企業方針に沿ったものです。

セキュアに設計された製品は、開発段階でソフトウェアとハードウェアのセキュリティ要件が考慮されており、後のセキュリティ脆弱性発現を予防します。デバイスやセンサーがインターネットでネットワーク接続されるようになるので、セキュリティ対策はますます重要視されるようになっています。ソフトウェアを介して実行されるプロセスがますます増えており、新たな攻撃対象が生まれています。したがって、継続的にセキュアな対策を提供できる体制が求められています。

フエニックス・コンタクト社のCTO、ローランド・ベント(Roland Bent)は次のように述べています。「フエニックス・コンタクト社の製品開発プロセスは、2018年秋にIEC 62443-4-1規格に基づいていると認定されました。セキュアな設計はセキュリティ製品の開発に不可欠です。」「そして次の一歩となる規格の認証取得が実現しました。当社がこの規格IEC 62443-2-4に基づいて、お客様のためのセキュアな自動化ソリューションを開発および実装できることが確証されました。」

■「IEC 62443」について
「IEC 62443」は自動化システムに向けたセキュリティの国際標準規格です。産業用自動化および制御システム(IACS)のITセキュリティを扱う一連の文書で構成されています。 IACSという用語は、自動生産システムをセキュアに運用するために必要な、システム、コンポーネント、プロセスなどのすべての要素を表します。特に産業用アプリケーションに焦点を当てることで、「IEC 62443」は「ISO 27001」とは一線を画しています。(ISO27001は従来のITシステムを扱う。)
重要インフラの事業者にとって、「IEC 62443」はセキュアなソリューションの設計、立ち上げ、運用、およびメンテナンスのためのすべての要件を網羅しています。

本件について詳しくは以下よりダウンロード用PDFを併せてご参照ください。

 


フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

【PRサイト】Push-in導入のススメ―制御盤から働き方改革?

制御盤内向けPush-in製品のお役立ちサイト。カタログダウンロードやPush-inおもしろ動画も多数収録!

LP
外部リンクを開く

今月のハイライト製品

業界初!!信頼のPush-in端子台に側面接続の「PTVシリーズ」のご紹介

PTV端子台
ハイライト記事一覧へ

コネクタおよび電子機器用ケースの新製品

2019年の新製品ご紹介します。

フエニックス・コンタクトのコネクタおよび電子機器用ケースの新製品
2019年の新製品

製品カタログ(日本語)

最新の製品カタログ・資料のダウンロード一覧はこちらをご覧ください

Catalog-Download
資料一覧へ