制御部 - RFC 430 ETH-IB - 2730190

リモートフィールドコントローラ、10/100 Ethernet×1、INTERBUSマスター、IP20保護、プラグ式パラメータ用メモリ(MC FLASH)

価格:

概要

技術データ

アクセサリ

認証

ダウンロード

製品説明

Ethernet対応のリモートフィールドコントローラ
分散モジュラー型オートメーションでは、IEC 61131制御システムおよびネットワーク接続のリモートフィールドコントローラ(RFC)が理想的なソリューションです。 リモートフィールドコントローラはコンパクトな産業用PCで、現場でネットワーク対応の制御性能をPCベースで実現します。DINレール対応です。
統合Ethernet接続
統合されたEthernet接続(ツイストペア)により、重要性が増しているEthernet接続が確保されます。
この「DINレールPC」は、リモート操作によりEthernetおよびTCP/IPを使用して実現されます。 ネットワークを介したプログラミング、操作、表示により、斬新でコスト効果が高いオートメーションソリューションが実現されます。
INTERBUS OPCサーバを使用すると、各種表示パッケージとの標準的な接続もEthernetで可能になります。
IEC 61131コントローラ性能
リモートフィールドコントローラは、エンベデッドPCシステムの国際標準IC/104に基づいています。 すべてのリモートフィールドコントローラは、PC WORXオートメーションソフトウェアを使ってシームレスに設定し、プログラミングされます(IEC 61131準拠)。 PC WORXはシリアルインターフェース上でローカルに、またはネットワーク(Ethernet)を通じて使用できます。
強力なプロセッサはIEC 61131準拠の5つの言語でプログラミング可能で、制御タスクをすばやく処理します。
Ethernet通信
RFC ... ETH-IBモジュールの統合通信機能により、Ethernet経由で直接、短時間でデータを交換できます。 Ethernet TCP/IPプロトコルは、リモートフィールドコントローラとの汎用通信をおこなうために使用します。 標準的な通信プロトコルであるTCP/IPは世界中で知られており、すべてのコンピュータとOSで利用できます。
Ethernetでは、データはINTERBUS OPCサーバを使用して標準形式で利用できます。
TCP/IP SendおよびReceive通信ブロック(IEC-61131-5準拠)を使用すれば、2つのリモートフィールドコントローラ間の情報(必要な変数など)をEthernet経由で交換できます。 これにより、分散モジュラー型オートメーションソリューションを構築できます。 Ethernet経由でいつでも同期可能です。

特長

  • PC Worxでのエンジニアリング(IEC 61131-3)
  • Ethernetインターフェースを組込み
  • 総合フィールドバスマスター(I/Oポイントは8192箇所)
  • フラッシュファイルシステム
ロゴ

基本情報

詳細情報 2730190
梱包 1 STK
カタログのページ ページ 30 (AX-2009)
GTIN 4017918189235
1個あたりの重量(梱包を含まない) 1,559.200 g
関税 85371091
生産国 DE (ドイツ)

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

  • PDFを生成
  • ご意見