バスカプラ - IBS ST 24 BK RB-LK DIO8/8/3-LK - 2721662

図はIBS ST 24 BK-RB-T DIO 8/8/3-LK

INTERBUS-ST I/Oバスターミナルモジュール、光ファイバー接続、デジタル入力×8、デジタル出力×8、500 mA、光ファイバーリモートバス分岐付き、IP20保護、構成内容は ネジ接続式端子台と電子回路モジュール

価格:

概要

技術データ

アクセサリ

ダウンロード

製品説明

INTERBUS STバス端子モジュール、追加インターフェースあり(I/O)
実際のバス端末モジュール機能のほかにも、8つのデジタル入力と8つのデジタル出力がINTERBUS入力/出力バス端末モジュールに統合されています。さらに、最大4つのINTERBUS-ST入力/出力モジュールでモジュールを拡張できます。INTERBUSネットワークの入力/出力モジュールの切替えなど、すべてのバス端末モジュール機能は無制限に残ります。
このバス端末モジュールは、非常に限られたスペースしかないアプリケーションや、入力/出力ポイントが非常に少ないアプリケーションでの使用に特に適しています。
IBS ST 24 BK DIO 8/8/3-Tまたは-LKモジュールには、ねじ式端子台またはFLKシステムコネクタを使って入力および入力を割当てるオプションがあります。これにより、14極のFLKコネクタを使うだけでELR 319電子負荷リレーまたはVARIOFACE入力/出力モジュールを接続することができます。
IBS ST 24 BK RB-TモジュールまたはIBS ST 24 BK RB-LKモジュールには、リモートバス分岐もあります。このリモートバス分岐には、リモートバスと同じ構造上の制約があります。リモートバスインターフェースを持つすべてのデバイスをここに接続できます。
すべてのINTERBUSバス端末モジュールは、追加されたバスインターフェースの有効/無効を個別に指定できます。これらは、一定の範囲内でINTERBUSシステムの2つのバス端末モジュールの役割をこなし、アドレスリストとコンフィグレーションソフトウェア(CMD)でもバス端末モジュールとして扱われます。
注:バス端末モジュールからバスを分岐させて設定する場合は、INTERBUSコントローラボードがサポートするトポロジに注意してください。

特長

  • 追加のリモート/ローカルバス分岐
  • 追加I/Oを搭載
  • 銅線または光ファイバー接続
ロゴ

基本情報

詳細情報 2721662
梱包 1 STK
注意 受注生産(返品不可)
カタログのページ ページ 235 (AX-2011)
GTIN 4017918132392
1個あたりの重量(梱包を含まない) 733.900 g
関税 85389091
生産国 DE (ドイツ)

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

  • PDFを生成
  • ご意見