概要に戻る

変圧器の排水桝の監視

概要

変圧器  

Westnetz GmbHでの変圧器

  • アルンスベルク(Arnsberg)の街は、RWE Deutschland AG社の100%子会社であるWestnetz GmbH社が担当する区域の1つです。
  • 「エムズ - ヴェストファーレン(Ems-Westfalen)地域の特別な常用出力」課は、170以上の変圧器の排水桝の正しい操作を確実にするための管理を任されています。
  • フエニックス・コンタクトは、Westnetz GmbH社と共同で、変圧器の排水桝における充填レベルの連続監視用システムを開発しました。

アプリケーション

絶縁目的で油を利用した変圧器を使用するには、特別な取扱いが要求されます。エネルギー供給業者は、1 m3(立法メートル)以上の水質汚濁液では、そのようなシステムを操作するための特別な要件に準拠する必要があります。
油絶縁変圧器を使用すると、油漏れで環境に放出される危険性があります。このような事態を防ぐために、変圧器は変圧器の排水桝に建てて、損傷を受けた場合にも漏れた油を収集できるようにします。

変圧器の排水桝は要素にさらされているため、雨水も集め、それは必要に応じて再び汲み上げる必要があります。汲み上げる水に変圧器からの油が漏れていないことを確認する必要があります。このような状況の中、Westnetz社の従業員は以前は定期的に変圧器の排水桝の水位を確認し、必要に応じて排水桝を空にする必要がありました。新しいシステムの目的は、変圧器の排水桝の水位が上昇したとき、そしてそれが危機的な水位に達したときに、ネットワークオペレータにタイムリーに通知することです。

ソリューション

フエニックス・コンタクトの制御盤ソリューション  

フエニックス・コンタクトの制御盤ソリューション

変圧器は広範囲に配備されているため、メンテナンス作業は非常に時間がかかります。そのため、現状の充填レベルに関する情報を迅速に受け取ることが非常に重要です。確実な監視を提供するために、フエニックス・コンタクトは自動的にEメールとSMSを介して制御センターに通知します。超音波センサにより測定される流水位は、2つの異なる限界値と連続的に比較します。限界値に達すると、システムはオペレータにEメールを送信します。現場では、両方の限界値に達すると赤い警告灯が表示されます。

危険限界値に達すると、SMSが待機中の担当者に送信されます。油汚染のための降水を目視検査した後は、揚水処理が自動的に開始されます。追加のロッドプローブは、油汚染が検出された場合に揚水処理が直ちに停止するようにします。すべての関連データはGPRS/EDGEモバイルネットワーク経由で送信されます。

データ交換に関しては、オペレータはリモートコントロールソリューションResy+を選択しました。新しい監視システムは、小型コントローラILC 150 GSM/GPRSに基づいています。アナログ値は、Inline設置システムからIP20保護付きのIB IL AI2/4-20カードを使用して取得されます。ILC 150 GSM/GPRSに組み込まれているウェブサーバは、監視システムを起動するために使用されます。

まとめ

産業用制御テクノロジとリモート制御テクノロジに基づく新しい充填レベル監視のコンセプトが実装されたので、Westnetz GmbH社はよりターゲットを絞った費用対効果の高い方法でメンテナンスリソースの計画を立てることができます。フエニックス・コンタクトが供給する制御盤内の主要部品は認定され、公式の技術的認証を受けています。さらに、ソリューションは次の関連する法律および規制に準拠します:ドイツ連邦水道法(WHG)、水に害を及ぼす物質の取扱いに関するドイツ令(VAwS)、産業建設企業のドイツ貿易組織であるArbeitsgemeinschaft Industriebau(AGI)

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階