アインベックハウゼン(Eimbeckhausen)の給水設備の最適化

概要

スイッチギアハウスの地下内を見る  

WBV Eimbeckhausen社は年間180,000立方メートルの水を輸送しています。

  • 最高レベルの給水設備でも、定期的な最新化が必要です。
  • 水供給業者のWasserbeschaffungsverband Eimbeckhausen社は、最近の改良プロジェクトの一環として、ボランティアの人々が携わる運転量を大幅に削減することができる表示ソリューションを探していました。
  • Resyliveポータルは現在、さまざまな機能を豊富に備えた多様なスマートデバイスから、プラントへのモバイルアクセスも提供するようになりました。
  • 暗号化データ伝送とユーザー権限の制限により、すべてのステーションが安全かつ効率的に運用できるようになりました。

お客様

スイッチギアハウスからの給水設備の集中制御  

スイッチギアハウスは水処理場の心臓部です。

Wasserbeschaffungsverband(WBV)Eimbeckhausen社は2つの井戸を所有し、そこから年間180,000立方メートルの水が抽出されています。また、高架タンク1基、ブースターステーション2基、分岐チャンバー1基も所有しています。WBV Eimbeckhausen社のチームは2005年に、設置されている電気光学設備の大部分に最新化が必要であると結論づけました。

アプリケーション

制御盤内部を見る  

ILC 170 ETH 2TX Inlineコントローラに、無数の通信モジュールが接続されました。

アップグレード中に、中央コントローラはスイッチギアハウスに移動されました。そこから、すべてのリモートステーションが制御システムに接続されています。在庫を確保するために必要な交換部品をできるだけ減らすため、WBV Eimbeckhausen社のチームは統一された部品があらゆるところに設置されることにこだわりました。井戸と高架タンクをスイッチギアハウスに接続することには問題がありました。新規ケーブルを敷設するのは非常にコストがかかるため、利用できるのは古いケーブルのみで、それを再利用しなければなりませんでした。専用ケーブルで到達できないプラントのセクションがある場合は、通信を安全にする必要がありました。

すべてのプロセスが視覚的に記録され、データが保存されるように、スイッチギアハウスには制御システムも設置されました。オペレータが口にした問題は、リモートアクセスでした。以前は、ボランティアの人々が数値を確認したり調整したりしたい場合には、スイッチギアハウスまで車で出向く必要がありました。WBV Eimbeckhausen社では全ての人々がボランティアで働いているため、この作業を遂行するのに必要な時間を最小限にとどめる必要がありました。

ソリューション

WBV Eimbeckhausen社のチームは、制御システムとしてILC 170 ETH 2TX Inlineコントローラを使用することを選択しました。TC EXTENDER 2001 ETHを使用すると、既存のケーブル上にブロードバンドイーサネットアプリケーションを実装することができます。この機器は、屋内の2線式および4線式ケーブルをサポートしますが、公衆電話網には使用することができません。専用ケーブルで接続できないプラントのセクションは、DSL接続によってシステムに組み込まれました。FL mGuardセキュリティアプライアンスはIPデータリンクを不正アクセスから保護します。

プラントを最初にアップグレードしてから14年が経過した現在、PCとモニタを交換する必要があることが、表示処理中に特に明らかになりました。そこでWBV Eimbeckhausen社は、2019年にフエニックス・コンタクトに、実現可能なソリューションについて問い合わせました。ボランティアの人々は、彼らが携わる運転量を削減するために、モバイルエンド機器からプラントにアクセスできるようにする必要がありました。費用対効果分析の結果、Resyliveポータルが選ばれました。ここに表示されたプラントは、DSL/GPRS/LTE経由でプロセスデータを上位レベルのデータセンターに送信します。データが時間的に正しい順序で確実に処理されるように、リモートステーションと制御システムとの間のデータ伝送には遠隔制御プロトコルが使用されます。データは次に、携帯電話事業者のプライベートAPNまたは暗号化VPNチャネルで転送されます。フエニックス・コンタクトはデータ処理を担当します。プラントのスクリーンはWBV Eimbeckhausen社と協議して設計されました。

すべてのデータは常に全体を把握可能  

Resyliveポータルベースの制御システムにより、必要なデータにどこからでもアクセスできます。

権限を個別に割り当てられるため、ソリューションをさまざまなユーザーが運用および制御できます。ユーザーはウェブブラウザを使用してシンプルにシステムにアクセスできます。Resyliveにより、さまざまなスマートデバイスを持ったボランティアが、外出中でも豊富な機能を利用できます。ベクトルベースのディスプレイが特長で、そのため関連する機器のディスプレイサイズに自動的に適応します。また、アプリはiOSとAndroidで利用可能です。データは数日間バッファリング可能なので、接続障害が起きても失われることはありません。次にステーションが接続されたときに、Resyliveがデータを自動的に更新します。

まとめ

起動中は、WBV Eimbeckhausen社が以前使用していた制御システムは動作を継続していました。つまり、プラントはアップグレード中も完全に監視できました。アップグレードはわずか2日で完了しました。誤動作の場合、WBV Eimbeckhausen社のボランティアチームがSMSまたはEメールで通知を受信するようになりました。WBV Eimbeckhausen社のチームがフエニックス・コンタクトを選んだのは、同社が革新的で高品質、未来志向の部品やシステムを提供するからだけではなく、すべてのものを単一のソースから入手可能だからです。そのため調整に関する問題はなく、最新化アプリケーションは何の問題もなく始動することができました。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: