ビル計画

ビル計画

Building Intelligence

Flexible and smart operation.

戻る ビルディングオートメーション

カテゴリ

  • スマートビルディング
    スマートビルディング

    デジタル化は、スマートビルディングの新しい革新的なオペレーターコンセプトを実現させる要因です。

デジタル化によるスムーズな運用管理―統合計画によりプロセスに大幅な変化をもたらします

ビル計画におけるプロセスの再考  

ビル計画におけるプロセスの再考

「今日の建物の計画、建設、運用方法のプロセスは、可能性を最大限に活用するために再編成する必要があります。デジタル化の要件を反映するためのデジタルベースとミラーリングプロセスを作成することがこの基礎になると当社では考えています。」

Bernhard Tillmanns、Global Industry Manager

統合されたビル計画:ユーティリティへの全体的なアプローチ

統合されたビル計画  

統合されたビル計画:ユーティリティへの全体的なアプローチ

各種ユーティリティがすべてネットワーク化されたスマートビルディングを構築するには、計画段階で包括的で統合されたビルディングシステム設計が必要となります。スマートビルディングの技術システムは、相互に作用して情報を交換することで効率的な運用を可能にします。ビルサービス用のすべてのユーティリティの統合計画は、計画段階において事前に実装されていなければなりません。さまざまな製品、システム、およびプラントの機能は、投資家、ユーザー、およびオペレータに最大限の利益がもたらされるように、計画段階でコーディネートする必要があります。

プロセスに関わるすべての方々が、共通の理解を共有し、スペースの柔軟な使用やエネルギーの効率的な使用、および暖房、換気、空調(HVAC)などの基本的な供給システムの効率的な運用に関するコンセプトは追加作業を最小限に抑えて統合的に計画されます。

  • ユーザー制御の室内用オートメーションを備えたコワーキングスペースなど、需要指向のインフラや機器によるユーザーの快適性とパフォーマンスの向上
  • ニーズ主導型KPIを使用した建物内の運用プロセスの監視および費用効果の高い最適化
  • オープンなIoTベースのEmalytics管理プラットフォームを使用して運用中に適応することができる柔軟な室内のコンセプト
  • 追加のアプリケーションや使用状況により、建物の市場アピールが向上し、建物のパフォーマンスが向上

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階