概要に戻る

PoEスプリッタ

PoEスプリッタFL PD1001

FL PD 1001 PoEスプリッタを使用すると、PoEインターフェース(WLANまたはBluetoothアクセスポイント、コントローラ、およびI/Oステーションなど)を使用せずに末端機器をPoEインターフェースに簡単に接続できます。スプリッタはデータとパワーをローカルに分割し、PoE非対応機器でさえ遠隔ステーションに簡単かつ低コストで設置することができます。

コンパクトで堅牢な設計

RJ45ポートを備えたPoEスプリッタの底面  

上下に向いたポートアウトレットにより、薄型の制御ボックスでも使用可能

PoEスプリッタFL PD 1001T GTは、金属製ケースと広域な温度範囲で、過酷な環境や遠隔ステーションでの使用に適しています。薄型設計でポートアウトレットが上下に向いているため、薄型の制御ボックスにも取付けが簡単です。

高性能で使用が柔軟

制御ボックス内のコントローラ付きPoEスプリッタ  

PoEは、コントローラやWLANアクセスポイントなど遠隔のイーサネット末端機器に、電圧と電流を供給できます。

PoEスプリッタはGigabitとファストイーサネットをサポートするため、あらゆる伝送速度に対応します。さらに、このスイッチは​PoE(​IEEE​ 802.3af)と​PoE​+(​IEEE ​802.3at​)の両方をサポートします。出力では、24 V DCの供給、および電源入力に応じて最大25 Wのパワーが利用可能です。これにより、非常に広範囲のイーサネット機器の、数多くの使用シナリオが可能になります。さらに、出力電圧とパワーの診断がLEDで分かります。

PoEスプリッタはデータ伝送を妨げないため、すべてのオートメーションプロトコルに使用できます。

PoEスプリッタの概要

 PoEスプリッタPD 1000
伝送速度10/100/1000 Mbps
電源PoE/PoE+経由(48 V DC)
温度範囲-40°C ~ +70°C
保護等級IP20
出力電圧24 V DC
認証-

PoEスプリッタの製品リストを見るには、ここをクリックしてください。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階