概要に戻る

光ファイバーおよび銅線取付けテクノロジ

光ファイバー取付けテクノロジ

光ファイバーケーブル  

光ファイバー取付けテクノロジ

データ量の増加と伝送速度の向上、電磁適合性負荷、増え続ける一方の設置で従来の銅線テクノロジではあっという間に限界に達してしまいます。このため特に可用性要件が厳しいクリティカルなアプリケーションでは光ファイバーデータ伝送が標準的になっています。

フエニックス・コンタクトの光ファイバー取付けテクノロジは簡単に取り付けて瞬時にメンテナンスが可能な産業用ソリューションです。

銅線接続テクノロジ

コネクタ  

銅線接続テクノロジ

分岐ではなくコネクタを使用するPROFIBUS配線は柔軟です。バスコネクタはいつでもバスに差し込んで取り外すことができ、データトラフィックを中断しません。この伝送テクノロジはRS-485に準拠していることから9極D-SUBコネクタだけではなくM12丸型コネクタも使用できます。

あらゆるPROFIBUS装置をD-SUBでクイック接続

D-SUBクイック接続プラグで入力用および出力用バスケーブルをすばやく接続できて便利です。製品ラインアップにはさまざまなPROFIBUSアプリケーション向けのクイック接続プラグが含まれています。

  • 35度と90度のケーブル挿入口
  • 同軸ケーブル挿入口型
  • プログラミングインターフェースを追加
  • 切替え可能な終端抵抗を組込み

単線および撚線の銅線を接続したPROFIBUSケーブル用プラグを使用できます。すべてのバージョンに終端抵抗が組み込まれています。スライドスイッチで外部から終端抵抗に通電できます。

サージ保護

データと信号を不正アクセス、ウィルス、ウォーム、トロイの木馬から保護しますが、落雷やスイッチング動作によるサージ電圧で生じるリスクからも保護する必要があります。
サージ電圧の場合は機械的な損傷を防ぐだけではなく電圧ピークによるソフトウェアやデータの損失も保護します。特に屋外配線がある場合はリスクにさらされるEthernetケーブルを接続したデバイスを第一に保護します。
フエニックス・コンタクトのTRABTECHサージ保護で安全第一を実現します。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階