概要に戻る

標準化とモジュール化

標準化とモジュール化

簡単にオートメーションモジュールを再利用

新しいPC Worx Engineerプラットフォームにより、定義されたソフトウェア部品で構成されるオートメーションモジュールを追加することが可能です。これにより、ソフトウェアプログラマには多くの利点がもたらされます。これらのモジュールをすばやく簡単に再利用できるため、開発時間を大幅に短縮することができます。認証、試験、およびプログラミングの実行は1度だけで良いため、これによりエンジニアリングコストやエラーソースが削減されます。

オートメーションモジュールの使用は、特に複雑なシステムにおけるプログラミングの品質と効率を大幅に向上させます。PLCnextテクノロジで、IEC 61131-3およびC/C++とC#の両方でプログラムコードを使用可能なため、オートメーションモジュール自体に混在したプログラムコードを含むことが可能となります。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

サービス

PLCnext: オープンで高い将来性

PLCnext テクノロジでIoT時代の課題を解決