生産現場モニタリング

生産現場モニタリング

石油・ガス源の安全モニタリング

生産現場をモニタリングする安全コンプリートソリューションでシステム稼働率を向上させます。

戻る モニタリングと診断

カテゴリ

絞込み検索 生産現場モニタリング

このカテゴリの製品をすべて表示する

フエニックス・コンタクトの石油・ガス監視で石油・ガス源を確実に低コストで監視し、長距離にも対応します。

特長

  • ワイヤレス通信で大規模システムの立上げが簡単、設置コストが低減
  • 防爆および非防爆エリアのモジュールでどこからでもデータ収集
  • 暗号化されたメッシュワイヤレスネットワーク経由でセキュリティが確保された干渉フリーのシグナル伝送
  • データをSCADA/DCSに転送しローカルで表示可能
  • オープンソフトウェアインターフェースで制御システムを処理するシグナル接続に柔軟性
  • 現在のシステムデータのワイヤレス送信で簡単なメンテナンスおよび診断オプション

防爆および非防爆エリアのデータをモニタリング

生産現場モニタリングの石油・ガス監視  

生産現場モニタリングのコンプリートソリューション

石油・ガス監視は生産現場のモニタリングを行う拡張性のあるコンプリートソリューションです。ポンプ場のモニタリングにはデジタル入力シグナル(バルブ位置など)の記録や、温度、圧力、流量測定などアナログシグナルの記録が含まれます。防爆エリアのシグナルはMACXシグナルアイソレータを経由してRadiolineワイヤレスシステムに送信されます。

制御室に確実にシグナル伝送

生産現場のデータ収集には広範なネットワークが必要です。数kmを超えるデータも確実に送信できるように多数の石油・ガスモニタリングシステムをつないでメッシュネットワークを構築し、制御室にデータを送信できます。

Radiolineでもメッシュネットワークをすばやくセットアップできます。この場合はサムホイールかUSBを使用し機器から直接セットアップします。障害発生時はワイヤレスモジュールの故障にすぐに対応でき、ネットワーク全体が停止することはありません。

デジタル油田のネットワーク化  

デジタル油田のネットワーク化

データ表示

防爆エリア対応のタブレットで生産現場を監視  

システムの状態を常に監視

制御室では収集したデータを直接表示することも、オープンソフトウェアインターフェースを通じて上位SCADAシステムに送信することもできます。

制御室の外にあるシステムの部品を個別に監視できるよう、フエニックス・コンタクトはたとえばVisu+モバイル表示アプリケーションを提供しています。このモバイルリモート診断アプリケーションを使用すればオペレータはフィールドで防爆エリア対応のタブレットやスマートフォンを使用して生産現場の情報にアクセスし、必要に応じて低コストでメンテナンスを行うことができます。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階