産業用ネットワークの再構築は、可用性および柔軟性を高めます。

概要

Bode Chemieの充填システム  

半製品は50 ml~5 lの容器に重鎮します。

  • Bode Chemieの社内ネットワークは、オフィスネットワークと産業用ネットワークに分けられています。データ交換はファイアウォールにより制限されます。
  • 歴史的な理由により、産業用ネットワークはフラットで冗長なリング構造で設計されました。従って、すべての機器は共有のイーサネットネットワーク経由で通信します。
  • フエニックス・コンタクトと共同で、Bode Chemieのスタッフは産業用ネットワークを異なるサブネットに分割するコンセプトを作り上げてきました。

お客様のプロファイル

欧州のリーディングメーカーの1つである、Hamburg-StellingenのBode Chemieは、消毒、洗浄、看護、および皮膚消毒剤など400を超える製品を生産しています。毎年約18,000トンのバルク品が製造されています。総合的な範囲が世界中で使用されています。

アプリケーション

Bode Chemieの社内ネットワークは、オフィスネットワークと産業用ネットワークに分けられています。2つのネットワーク間のデータ交換はファイアウォールにより制限されます。歴史的な理由により、産業用ネットワークはフラットで冗長なリング構造で設計されました。従って、PC、HMI機器、コントローラ、分散I/Oなどすべての機器は共有のイーサネットネットワーク経由で通信します。

但し、このアプローチは相互干渉の危険性を伴います。例えばブロードキャストとしてすべての機器に送信されるデータパケットは、対象となるタイムクリティカルなプロセスデータ通信に使用することのできないリソースを関連付けます。フラット構造のイーサネットネットワークは、ウイルス対策やマルウェア対策にもなります。また既存のネットワーク構造は、無料のIPアドレスとシステムメンテナンスに関してはBode Chemieに制限します。

ソリューション

Bode Chemieでのネットワーク構造のトポロジー表現  

Bode Chemieでのネットワーク構造

従ってスタッフはフエニックス・コンタクトと共同で産業用ネットワークを異なるサブネットに分割するコンセプトを作り上げる作業を行っています。これらはスマートマネージドスイッチを用いて物理的なリング構造を介して構築されるため、可用性が向上します。

ブリッジング距離が長いため、リングはギガビットと光ファイバ技術を利用して製造設備間に設置されます。メディア冗長プロトコル(MRP)は、論理的なラインコンセプト内の物理的なリング構造を解決するために使用されます。イーサネット機器は、ファーストイーサネット導線接続経由で下位レベルの生産システムに接続されます。

Bode Chemieのコンピュータセンター内のレイヤ3スイッチ  

コンピュータセンター内のレイヤ3スイッチは産業用基幹回線を形成します。

産業エリアおよびより高いレベルのビジネスプロセスにおいては、導線接続経由でデータを重複して交換します。2つのレイヤ3スイッチで接続を処理します。それらは産業用基幹回線を形成し、さまざまなサブネットおよびオフィスネットワーク用の仮想ルータインターフェースを各自提供します。産業用基幹回線は、社内のコンピュータセンター内の中央部分に設置されます。産業用基幹回線で使用されるレイヤ3スイッチのモジュール式構造は、将来のシステム拡張用に追加の範囲を拡げます。

マネージドスイッチは、コンフィグレーションと診断データへのアクセス向けに異なるユーザーインターフェースをサポートします。すべての必要な設定は各機器のウェブサーバまたはSNMP(Simple Network Management Protocol)を介して制御可能です。診断データを照会する場合も同様です。PROFINETがプロセスデータの伝送に使用されるサブネットでは、スイッチはPROFINETの機器として機能します。この操作モードでは、エンジニアリングがそれらの直接IPアドレスまたはPROFINET名に直接割り当てます。SNMPトラップは迅速な診断を提供します。リング内スイッチ用冗長電源の損失など重要なイベントは、SNMP経由で中央に設置されたFL VIEW診断ソフトウェアに送信されます。

まとめ

Bode Chemie社のMartin Petzold、Markus Schmidt、Dirk Schlüter  

プロジェクトマネージャーは Martin Petzold、Markus Schmidt、Dirk Schlüter

再構築は産業用ネットワーク全体の安定性と可用性を向上してきました。産業用基幹回線は、明確な責任および短い応答時間を保証します。診断ソフトウェアと組み合わせることで、スイッチ関連機能およびルーテッドネットワーク構造も迅速で幅広い診断が可能になります。

モジュール式アプローチと構造化の程度がシステムの柔軟な拡張および再構築を可能にします。これは分散ファイアウォールを用いて計画されたシステム保護にも適用され、これ以上のコンフィグレーション作業は必要ありません。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: