包装機における信頼性の高い通信

概要

Optima Packaging Group  

ドイツにあるシュヴェービッシュ・ハルのOptima Packaging Group

Optimaの創立は1922年で、食品、衛生、薬品部門の計量、充填、包装機を専門に扱っています。同社は同族会社で、現在世界中の1,300名の従業員が革新的なソリューションの開発と実行にあたっています。

このソリューションのユーザーは基本財の利用を最小限に減らす省資源技術を特に活用しています。これが運転・製造コストの削減につながっています。

アプリケーション

Optima Packaging Groupの機器  

Optima Packaging Groupの革新的な梱包ソリューション

顧客ごとの包装ラインは分散機械ユニットで構成されており、ユニットは標準コンポーネントと製品ごとの機械モジュールの両方で順に構成されています。

すべての機械コンポーネントが相互に通信する必要があることから、高性能のネットワークが要求されます。情報の流れを一定にするためにOptimaはEthernetベースのソリューションを選びました。データ交換と同時に上位生産プランニングシステムとの通信も確保されます。

グローバル企業の同社の機器は海外の消費財メーカーに納入されています。受注時には、最終的にどこで機器が使用されるのかほとんど分かりません。このためアプリケーションに組み込むすべてのコンポーネントは、使用が予想される国の条件を完全に満たす必要があります。

建設・製造コストをできるだけ抑えるために、機器同士の通信には統一性のあるオープンなシステムが必要です。これを念頭に置いてOptimaはできるだけ同一のコンポーネントを使用する包装ラインを設計し、PROFINETまたはEthernet/IP™をネットワークソリューションにしました。

ソリューション

リーンマネージドスイッチ  

リーンマネージドスイッチの使用にあたって

Ethernetベースの通信ネットワークを構築する場合はオフィスとは違ってデータを転送する以上のことが求められます。制御盤にスイッチを取り付けた機器ネットワークは周波数インバータや他の干渉源に隣接しており、電磁適合性(EMC)やデバイスの温度抵抗に厳しい条件が課せられます。さらにスイッチはPROFINETやEthernet/IP™などの産業用プロトコルをサポートする必要があります。Ethernet/IP™はスイッチに厳しい要件を求める傾向があります。

この要件を満たすためにOptimaはフエニックス・コンタクトのリーンマネージドスイッチを選びました。このインフラストラクチャコンポーネントは簡単にEMC要件を満たし、スイッチは周囲温度70°Cまで使用できることから温度抵抗に必要なレベルを大きく上回ります。さらにすべてのネットワークデバイスはあらゆる関連認証を取得しておりドイツ国外でも安心して使用できます。

まとめ

リーンマネージドスイッチ  

リーンマネージドスイッチの各種仕様

Optimaは統一性のある機器によるEthernet経由のネットワーキングコンセプトを持つ革新的なソリューションを開発しました。設計、構築から包装機の始動まで、従業員は統一性のある通信アプローチの利点を活用できます。

オートメーションシステムの構成要素として、リーンマネージドスイッチは特に温度抵抗と干渉面のロバスト特性においてOptimaのチームを驚かせました。幅広い認証とオートメーション要件を満たすように設計されたソフトウェア機能を持つことから、コンパクトなEthernetスイッチが必要な制御盤にはこのデバイスはベストチョイスであることを証明しています。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: