E-Mobilityと環境保護:特別なCO2バランスでの充電ステーション

概要

コンクリート製のケーステクノロジ搭載のE-Mobility用充電システム  

コンクリート製のケーステクノロジ搭載のE-Mobility用充電システム

  • E-Mobilityの充電インフラは、幅広く機能的である必要があるだけでなく、生態学的基準を満たしている必要があります。
  • Velocity Aachen GmbHはPion Technology AGのソリューションを実装しており、充電ステーションで特別な生態系バランスを持つケースシステムが使用されています。
  • 修正案その一環として、フエニックス・コンタクトの多数の部品だけでなく、原料のコンクリートも細かい塵を除去するために使用されています。
  • まもなく、アーヘン(Aachen)の都市で最大1000台のE-Bikesが利用可能となります。

お客様のプロファイル

Velocity Aachen GmbHは、Technical Universityおよび地域の産業パートナーと協力し、都市インフラ向けのレンタルベースのモビリティシステムを開発しています – アーヘン(Aachen)では、E-Bikesと電気自動車の充電インフラ内にインターモーダルハブを設ける予定です。電気自動車の運転者は、E-Bikesに切り替えることで、渋滞を避けて市街へ移動することも可能です。

アプリケーション

制御ボックス内のフエニックス・コンタクトの電源  

使用中の電源

電気自動車は現在のトレンドであり、エネルギー革命および環境保護に大きく貢献しています。必要となる充電インフラの構築には時間がかかり、高い投資と投資回収までの長い期間により多くの投資家の意欲を妨げています。充電インフラの適用範囲が不足しているため、電気自動車を日常的にフル活用することは難しく、多くのバイヤーを引き離しています。ハーナウ(Hanau)のVelocity AachenとPion Technology AGのプロジェクトにより、この難題に対応可能な解決策がもたらされました。

標準のオンライン予約から通勤者または頻繁に旅行する方々向けの年間定期券に至るまで、さまざまな料金設定が適用されるため、特定の対象グループに対するさまざまなオプションが用意されています。この処置により、Velocity AachenはE-Mobilityの2つの成功基準、すなわち高可用性と持続可能なビジネスモデルを組み合わせて達成しています。このためには、システムを入念に保守し、常に稼働可能な状態にする必要があります。

ソリューション

電気自動車向けコンクリート製充電ポイント  

電気自動車向けコンクリート製充電ポイント

Velocity AachenのExecutive Vice PresidentであるDennis Brinckmannは、次のように述べています。「私たちはお客様の移動を快適にする約束をしており、システムの可用性を重視しています。」 「なぜなら、エネルギー効率は私たちにとって非常に重要なため、サプライヤーによって提供されるテクノロジを含め、使用するテクノロジはすべてその役割を果たす必要があります。」

革新的なケーステクノロジはPion Technology AGをサポートしています。充電ステーションのケース用材料としてコンクリートを使用しています。光触媒特性により、大気中から細かい塵を除去します。

したがって、ステーションは周囲の雰囲気を改善する上で積極的な役割を果たしています。この効果は持続的で、経時的に低下することはありません。コンクリートに堆積した微細な塵は、雨により表面から洗い流されます。Velocity社の創設者はPion社のイノベーションを活用しています。「能動冷却エレメントは故障の影響を受けやすい高い充電電力にさらされないため、充電テクノロジで使用される自己適応ケースユニットは高度なプロセス信頼性を保証します。」とBrinckmannは述べています。

IEC 61851 Mode 3準拠の充電コントローラ  

IEC 61851 Mode 3準拠の充電コントローラ

フエニックス・コンタクトはPion社向けの充電テクノロジシステムのサプライヤでもあります。「E-Mobilityに関する幅広い専門知識を持つメーカーを探していたので、フエニックス・コンタクトに転向しました」とPion Technology AG社のManaging Director、Edgar Klugは述べています。「フエニックス・コンタクトはコントローラと充電コネクタの両方をサポートしています。」

Velocity向けに特別に開発されたE-Bikesのソリューションに加え、ハーナウにある同社は同様の設計で電気自動車向けにMode 3の充電ステーションも提供しています。IEC 61851規格に基づいて、フエニックス・コンタクトのコンパクトなMode 3コントローラであるEVCC Basicを使用しています。省スペースのために、コントローラは充電ステーションベースに収納されています。インフラ用ソケット・アウトレット(IEC 61851接続ケースBに準拠)またはケース内に引き込むケーブル(接続ケースC)を使用した充電ステーションの設計に応じて、ご要望のアプリケーション向けに特別に最適化されたプリント基板用ソリューションが使用されます。Pion社はフエニックス・コンタクトの通信用部品を使用して、充電ステーションをクラウドベースの課金システムに組み込みます。

まとめ

Klugはコンクリートの組成式を明らかにしていませんが、砂、セメント、水のコストは、金属やプラスチック製の同等のケースコンセプトよりも大幅に低くなっています。プロジェクトパートナーであるBrinckmannとKlugは、彼らのモビリティコンセプトの成功を楽しみにしていますが、それには市場からの反響に基づいたあらゆる理由があるのです。テクノロジの組合せが彼らの成功の鍵となります。持続可能なビジネスモデル、拡張可能で手頃な充電インフラ、そして使用される材料の生態系バランスは、E-Mobilityの魅力と受容を高めるために役立つ興味深い全体的な概念を形成しています。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: