XJ Group Corporation

フエニックス・コンタクトのコネクタですばやくバッテリー交換

a_0059048  

インテリジェントモビリティ:中国は公共交通に電動式を採用

XJ Group Corporationは電力、生成、伝送、販売の各システムを生産し供給しています。同社は直流変流器、保護機器、鉄道輸送用オートメーションテクノロジと電気設備、インテリジェントスマートメーター、AMR、分散ネットワークオートメーションシステムも提供しています。

顧客には中国、トルコ、インドネシア、ブラジル、タイ、インドの供給会社があります。1947年に創業し中国のXuchang(許晶)に本社があります。2011年、XJ Group CorporationはChina Electric Technology Equipment Co., Ltd.の子会社になりました。

アプリケーション

電気駆動バス  

バスのバッテリーを全自動で交換

中国ではE-Mobilityはすでに日常の現象です。中国東部の港湾都市Qingdao(青島)では排気ガス削減のために公共交通が電動バスに変わろうとしています。

バッテリー充電時のバスの停止時間を最短にするために、プランナはバッテリーを交換する考え方(バッテリースワッピング)を使用することにしました。充電ステーションにいるバスの両側にバッテリーを積んだロボットを配置して空のバッテリーをフル充電のバッテリーと交換します。バッテリーユニットを約7分で新しいものと交換したらバスは再び出発できます。XJ Group Corporationは中国を拠点にしており、電気バスのバッテリーユニットに最適なコネクタを探していました。

ソリューション

フエニックス・コンタクトのコネクタ  

フエニックス・コンタクトのコネクタは400 Aを伝送し振動に強いです。

バッテリー交換システムは100%の信頼性と堅牢性があるプラグインシステムに頼っています。停止時間の一瞬一瞬がコストに跳ね返るからです。フエニックス・コンタクトは特に電気自動車を念頭に置いたプラグインユニットを開発しました。連続使用による要求を満たす必要があったからです。

バッテリーは1日に何度も充電して使用するという厳しいストレスに置かれているため、充電プロセスは緩やかで迅速にする必要があります。組込みのデータモジュールを使えば対象となる管理および充電プロセスモニタリングとともに温度を監視することができ過熱を防ぎます。

大型バスを極めて正確に駐車させるのは至難の業であることから、車両位置のずれはプラグインプロセス中にセルフセンタリング機能のあるばね減衰によるガイドピンで吸収します。この機能は移動時の振動減衰となりフェイルセーフ接続を実現します。この接続システムは寸法サイズと材料特性により最大電流400 A、最大電圧750 Vに設計されています。

以来、6000組を超えるプラグが中国に届けられています。充電ステーションでは40台を超えるバスのバッテリーを毎日2~3回交換しています。合計すると現在まで100,000回以上バッテリーを交換しています。フエニックス・コンタクトのコネクタは今日までエラーなしで使われ続けています。

まとめ

フエニックス・コンタクトのDC予備バッテリの考え方は、地方自治体や行政機関で使用するユーティリティビークルや、フォークリフトトラック、輸送機関、旅客運送用車両に特に適しています。このシステムは最大電流400 Aを伝送し最大電圧はDC 750 Vです。

プラグインプロセスの誤差吸収と移動中の振動減衰で、この接続システムは機械的な負荷が高い場合でも安全な接続を確実にし10,000回以上の挿抜が可能です。このバッテリー交換コンセプトには充電状態をモニタリングする組込みのデータモジュールもあり、オペレータは全ての充電プロセスを監視して誤作動による停止時間を排除することができます。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階