CC-Linkバスカプラ

CC-Linkバスカプラ

高密度I/Oシステム「Axioline Smart Elements」が使える「CC-Linkバスカプラ」新発売 CC-Linkの世界で制御盤内のスペース革命! 高密度Push-in千鳥配列で製品幅を大幅削減

CC-Linkの世界で制御盤内のスペース革命! 高密度Push-in千鳥配列で製品幅を大幅削減

(2021/06/09)フエニックス・コンタクト株式会社は、2021年6月16日(水)より、CREVIS社(※)の「CC-Linkバスカプラ」(以下本製品)を日本でリリースします。本製品により、当社プラグ式の高密度I/O「Axioline Smart Elements」がCC-Linkで使えるようになり、より多くの日本のPLCユーザーの皆様にメリットをご享受いただけます。

「Axioline Smart Elements」のNPNタイプのデジタル入力、出力他15種類のエレメントから自由に組み合わせて、CC-Linkバスカプラに接続したバックプレーンのスロットに挿し込むだけで、お客様の用途に合ったI/O局が完成します。信号線接続部が高密度なPush-in接続千鳥配列で、上下2種類15mm幅のスマートエレメントに最大32点までのI/O信号を接続可能です。

本製品と「Axioline Smart Elements」の組み合わせにより、I/Oシステム全体のサイズが大幅に削減され、制御盤内の省スペース化に大きく貢献します。また、「Axioline Fシリーズ」のI/Oモジュールも混在可能です。

フエニックス・コンタクトは、今後もお客様のニーズを先取りする革新的な製品ラインアップにより、省工数化、省スペース、デジタル化時代に対応するお客様のIoT化促進に貢献します。

※ 本製品は、韓国の高性能I/O機器、マシンビジョンカメラのリーディングカンパニーCREVIS社と共同開発し、CREVIS社が製造、フエニックス・コンタクトが販売する製品です。

製品の特長:

・Axioline シリーズ用のCC-Link バスカプラ、CC-Link バージョン 1.1 対応、スレーブ (リモートデバイス局):

  • 最大拡張スロット数: 16スロット (1~4局占有)
  • リモート入出力RX/RY: 最大112点(4局占有)
  • リモートレジスタRWr/RWw: 最大16点(4局占有)
  • 電源: 24 V DC、Push-inコネクタ
    ・ Axioline Smart Elementsとの組み合わせで省スペース:4スロットの場合幅 85 mm、最大の16スロットの場合幅 195 mm

Axioline Smart Elementsについて:

・ 高密度Push-in接続千鳥配列:上下2種類のスマートエレメント設置で、わずか15mm幅に最大32点のI/O信号接続が可能。
・ スマートエレメント15種類:多くは設定不要なエレメント(デジタル入/出力、アナログ入/出力、 温度抵抗体、カウンタ、エンコーダ、シリアル通信)から自由に組み合わせ。
・多くのエレメンツは設定が不要。
・ バックプレーンモジュール2種類(4、6スロットタイプ)のスロット:多種のエレメントを挿し込むことで簡単に設置。
・ Axioline F シリーズのI/Oモジュールとも混在可能。

詳細は製品フライヤにて最新情報をご確認ください。